飛び込みルートの管理はしっかりと

毎日暑いと言っていますので、今日はあえて書きません(笑)

さて、今日は飛び込みのルート管理について。

毎日のように飛び込みしている方は大丈夫だと思いますが、時間の空いた時に飛び込みしているという方は注意してください。

「飛び込み先の管理」

しっかり出来ていますか?

地図も持たずに飛び込みしたり、思いつきで飛び込みしていると、効率が悪いばかりか、場合によってはお客さんに失礼な事をしてしまいます。

同じ所に同じチラシを入れたり、先日伺ったのに、はじめまして、なんて挨拶してしまったり。

業務的にまわっている事がバレバレです。

地図を持って、飛び込んだ先に印を付けながら飛び込みしてください。

私はゼンリン地図をコピーして、赤鉛筆で印を付けています。

赤ペンよりも、赤鉛筆の方が使いやすいです。

また、ただ印をつけるのではなく、反応の良かったお宅はA、普通の対応ならB,あまり反応が良くなかったお宅はCなど、この様な印を付けています。

そして、どの資材を配ったかわかるようにしておき、通ったルートに線を引き、日付を入れておきます。

これならば、次回はどこからスタートすれば良いか分かりますし、何を配るかも管理出来ます。

なんだ、この前ももらったチラシじゃないか、何て思われるのは嫌ですからね(笑)

ゼンリンの地図ですが、お勤めの方ならば会社に有るかもしれませんが、個人の方は購入すると結構高いんですよね。

そんな時は、ヤフーなどの地図でも代用できます。

結構詳細な尺度も出ますので、なかなか便利ですよ。

今まで思いつきで飛び込みしていた方、きちんと管理しながら飛び込みしてくださいね。