面談からの成約率の低い保険営業さんは、これが出来る様になると劇的に改善されます。

今日は面談2件で、大きめのご契約をいただける予定です。

今日のご契約で、目標達成出来ますので、お正月はゆっくりと美味しいお酒を飲めます(笑)

達成後は、チャレンジタイムの様なものですから、あとはどれだけ追加出来るかです。

取りあえず、今日のご契約にミスがない様に、気を引き締めて行ってまいります。

さて、今日はそんな面談についてのお話です。

面談まで進み、商品やプランの提案まで出来たが、成約率が低くて困っている・・・。

同じ様にお悩みの保険営業さんは、多いかと思います。

成約率が低い大きな原因は、これまで何度もお話しして来た様に、お客さんが必要性をしっかり感じていないからです。

営業側が、お客さんが心から必要だ!と思える様に、誘導、育成出来ていないからなんですね。

いくら良い商品でも、必要だと思わなければ、欲しくならないのです。

必要性を十分に上げられていないのに、商品のメリットばかり話している営業さんは、典型的な成約率が悪いタイプです。

そして、もう一つ、これ以外にも成約率が下がってしまう原因があるのです。

その原因と対処法、実戦型話法について、12月22日のメールセミナーで、お話しさせていただきます。

この二つの原因を改善しておかないと、成約率は上がりませんから、しっかり覚えていただければと思います。

22日の午後5時配信になりますので、こちらからご登録の上、お待ちください。