重要!数え切れないほどいる保険営業の中で今後生き残るには

今日いただけるご契約で、今月の目標達成となります。

年度始めの忙しい月に、面談等のお時間を作って下さった皆様に、感謝ですね。

あとは来月分の数字を上乗せしておいて、晴れやかにゴールデンウィークを迎えられる様にして行きたいと思います。

数字、目標などを気にしながらの連休では、楽しめませんからね(笑)

GWを満喫したいという方は、今のうちに頑張り、しっかり数字を作っておいて下さいね。

本題です。

今、世の中では、石を投げれば保険屋に当たると言われるほど、保険屋さんが大勢おります。

毎年大勢の方が保険営業になり、その大部分が1、2年で辞めて行きます。

入り口は広いので、大勢の方が保険営業に就くが、ちゃんと食べて行けるのは極一部なんですね。

そんな入れ替わりの激しい業界です。

そんな業界ですが、近頃は通販型も認知されるようになって来て、どんどん保険営業は厳しくなり、近い将来には保険営業はいなくなる、という様なことを仰る方もいます。

しかし、私はちょっと考えが違います。

保険業界が厳しくなるのではなく、本物の保険営業しか生き残れなくなる、本来のあるべき形になると思っております。

通販型がいくらメジャーになっても、絶対に本物の保険営業は残ります。

むしろ、今の保険業界の方が異常なんですね。

大した知識もなく、簡単な試験に通れば誰でも保険を扱えます。

お小遣い稼ぎ感覚で始めた主婦ですら、代理店登録して、保険を扱えるのです。

月々の保険料が数千円だったとしても、将来の総支払額は数百万というのが保険です。

万が一の時には、何千万というお金が動くのが保険です。

そんな高額なお金が動く商品を、ほとんど知識がない方が取り扱っているのです。

どれだけ大切な個人情報を取り扱っていて、お客さんの人生すら左右しかねない商品を扱っている、という自覚すらない方が、保険営業をしているのです。

そして、そんな保険を任せていただいておきながら、わずか1年で、挨拶もなしに辞めて行くのです。

どう考えても異常ですよね?

そんな保険営業、保険屋さんが消えて行き、本物だけが生き残る。

これが理想であり、本来の姿なのではないかと思います。

そして、その様な世界で生き残れるのは、どの様な保険営業だと思いますか?

知識だけでは売れません。

生き残れる保険営業に関する大切なお話を、23日のメールセミナーでさせていただきます。

これから保険営業で食べて行くために、非常に重要なことです。

23日の午後5時配信になりますので、こちらからご登録の上、お待ちください。

バックナンバーがご覧いただけませんので、お読み逃しのない様にご注意くださいね。