重要!営業するのが苦手だという保険営業さんは

先日、この様なご相談をいただきました。

「お恥ずかしい話ですが、営業すること自体が苦手です・・・私には向いていないのでしょうか?」

もしかしたら、同じ様に思っている方は、多いのではないでしょうか?

この様なご相談は、これまでもいただくことがありました。

営業することが苦手ですという方は、皆さん共通する原因があります。

それは、断られるのが嫌、怖いということです。

アプローチしても、嫌な顔をして断られたり、門前払いされてしまう。

これが続くと、なぜか自分が悪いことをしている様に思えて来るんですね。

「断られる」=「悪いこと」になってしまうのです。

だから、営業すること自体が嫌い、苦手だと思ってしまうのです。

では、なぜ断られることが、悪いことに思えてしまうのか。

売り込もうとするからです。

「こんなに良い商品ですよ!」とお勧めしても、断られる。

そうなると、自分と商品を「そんなもの要らない!」と、ズバッと拒絶された様に思ってしまうのです。

しかし、誰でもそうですが、売り込み臭い営業からは、何も買いたくないどころか、話すら聞きたくないと思うのです。

売り込もうとする意識では、言動も売り込み臭さが出てしまいます。

売り込み臭さが出れば、お客さんは拒絶します。

拒絶されれば、罪悪感が出て、それが苦手意識に変わります。

ですから、まずは売り込もうとする意識をなくしましょう。

お客さんには売り込むのではなく、お知らせするのです。

保険営業は周知活動が重要というのは、そこなんですね。

出来るだけ多くの方に、自分が何者なのか、何を扱っていて、どの様なことで力になれるのかを、お知らせし、覚えていただくのです。

ここに売り込もうとする意識は必要ありません。

売り込みではなく、お知らせに行っているのですから、断られるも何もないんですね。

「どうか話を聞いて下さい!」という意識ではなく、「興味があったら声を掛けてくださいね」という意識で活動しましょう。

その様な活動が出来れば、営業に対する苦手意識も罪悪感もなくなりますよ。

ちなみに飛び込みでの初回訪問などでの断りは、拒絶ではなく警戒心からの断りがほとんどですから、間違えないでくださいね。