重要!同じことをお教えしているのに成果に差が出る理由

新人さんの研修を長く行っていると、グングン成長して、成果を出して来るだろうという保険営業さんと、これは伸びないかな・・・?という方が分かる様になります。

お教えするのは同じことですし、皆さん、右も左も分からない新人さんですから、スタート時はスキルも大して変わりません。

それなのに、半年もすれば、天と地ほどの成果の差が出ているのです。

その原因は、教えられたことを素直に実践するかどうかなのです。

「この活動を、この方法で、しっかりやって下さいね」

これを、その通りにやるのか。

これは嫌だとやらなかったり、自分に都合の良いことだけをやるなど、都合の良い様に変えてしまうと、成果は出ないのです。

最初は上手く出来なくても良いのです。

失敗したって良いのです。

しかし、教えられたことを、そのまま実践することが大切なのです。

何故ならば、お教えするのは、これまで多くの保険営業さんが成果を出して来たことであり、成果が出ることが分かっていることだからです。

ですから、そのまま実践すれば、同じく成果は出るのです。

プロが作る美味しいカレーのレシピがあるのならば、材料も手順も、そのまま真似れば良いのです。

必ず美味しいカレーが出来ます。

しかし、材料がないからと別なものを入れたり、こっちの方が良いんじゃないの?なんて、素人が余計なものを入れると、不味くなります(笑)

素直にレシピ通りに作ることが出来るかどうか。

教えられた、既に実績のある方法を、そのまま素直に実践するかどうか。

料理の出来も、保険営業での成果も、ここにかかっているんですね。

よーいドンでゼロからスタートしても、それが出来る方は加速が驚くほど違います。

ですから、1年後にはこの様な成果を出せるのです。

大変そう、やりたくないからと、やるべきことをやらなければ、この様な成果は出せませんよ。

最初から上手く出来なくても結構ですから、やるべきことを、しっかり一つずつ行って行きましょう。

1年後、どれだけ売れない状況が変わったか、振り返って見てくださいね。

きっとその違いに驚きますよ。