重要!アンケートを書いていただくコツは、お客さんの○○を無くすことです。

今日は、お客さんにアンケートを書いていただく際に大切なポイントについて、お話しさせていただきます。

以前にもお話しさせていただきましたが、アンケートについては、未だ多くの方にご質問いただいておりますので、再度確認して見てください。

保険営業では、お客さんにアンケートを書いていただき、アプローチの切っ掛けとしている方も多いでしょう。

会社によっては、このアンケートが活動の大部分、何てこともありますからね。

しかし、このアンケートも、なかなかお客さんに記入していただけないことも多いものです。

「アンケートをお願いします」何て言っても、断られることも多いですよね。

お客さんがアンケート記入を避ける理由で最も大きいものが、

「しつこく売り込まれるという思いがあるから」

です。

アンケートなんか書いてしまったら、次の日から電話の嵐という思いがあるのです。

実際にそんなことをする営業も沢山おりますから、困ったものです・・・。

この様なお客さんの不安を、最初に消しておくことが大切です。

では、どの様に消すか。

最初に話してしまえば良いのです。

「決してアンケートをご記入いただいたからと言って、しつこくご連絡したり、強引にお勧めするようなことはございませんので、ご安心ください」

この様なことですね。

もちろん、これをお話したのならば、しつこく売り込みの連絡などしてはいけません。

売り込むのではなく、「ご案内」「情報提供」をしてください。

ハガキや手紙などで、保険に関心を持つ、必要性を感じるような情報を提供し、お客さんを育てて行きます。

そしてもう一つ、アンケートを記入していただく際のポイントがあります。

お客さんに「面倒だ」と思わせないことです。

ちょっとお客さんの立場になって考えて見てください。

例えば、アンケートをお願いしますと言われ、「今、保険でお困りのことをご記入ください」と書かれていて、下に大きな記入スペースがあったらどうでしょうか?

何だか考えるのも、記入するのも面倒だと思いませんか?

そうなると、例え記入していただけたとしても、「特にない」という様な答えになってしまうのです。

本当は困っていることがあるのに、書くのが面倒なだけで、特にないと答えてしまいます。

しかし、この様なアンケートならばいかがでしょうか?

「この様なことでお困りではありませんか?お困り項目がございましたら、チェックをお願いします」

1、保険料が高くて困っている

2、今加入している保険の内容が分からない

3、昔加入した保険がそのまま入りっ放しになっている

これならば、記入がずっと簡単だと思いませんか?

お客さんが困っているであろうことを、こちらで挙げてしまうのです。

自分で考える必要がなく、困っている部分が明確なので、どんどん答えてくれるようになります。

お客さんにアンケートをお願いする際のポイントは、

・ しつこい売り込み、強引な売り込みはしないことをお伝えする

・ 面倒だと思わせない

ということです。

ここを改善するだけでも、記入率もアンケートの質も、グッと上がりますよ。

この様な実戦型のノウハウは、こちらで沢山ご紹介しておりますので、よろしければ参考になさって下さい。