辛口御免!売れない保険営業さんほど、ちゃんと休みます。

今回は、ちょっと辛口になりますが、ご勘弁ください。

保険営業という仕事は、活動時間も休日も、人によって様々です。

普通の会社員の様に、平日がメインの活動日の方もいれば、土日祝日メインの方もおります。

日中活動することが多い方もいれば、夕方からがメイン活動の時間、という方もおります。

これは、お勤めなのか、代理店の様な形態なのかによっても変わります。

私の場合は、平日も土日も関係なく、お客さんに合せて活動し、休みも好きなように取るという形で、好きにやっております(笑)

働こうと思えば休みなしでも働けますし、休もうと思えば、1週間でも1ヶ月でも休めます。

ただ、有難いことに、お客さんの方からご連絡を下さることも多く、ついつい予定を入れてしまいます。

そんな状況ですので、恐らく休みは少ない方だと思います。

もの凄く仕事熱心な営業です。

と言うのは冗談で、実は単純に、仕事が面白いんですね(笑)

以前からお話ししている様に、保険営業という仕事は、やればやっただけ、売れれば売れただけ見返りのある、歩合色の強い仕事です。

特に私の様なフルコミの場合は、自分のあげた成果が、そのまま収入に直結します。

ですから、行けそうな案件やチャンスが目の前にあれば、休みだろうが何だろうが、そっちに時間を割きたくなるのです。

これは、言い方は悪いですが、目の前に魚がいれば、釣らずにはいられないのと同じなんですね。

今日は釣りが目的ではない、なんて思っても、魚が見えていれば、釣りたくなってしまうじゃないですか(笑)

ですから、目の前にチャンスがあれば、すぐに手を出したくなるのです。

これが自分で作っている、休みが少ない原因なのです。

そんな私が、いつも不思議に思うことがあるのです。

売れていない営業さんほど、しっかりカレンダー通り休むんですね・・・。

土曜だから、日曜だから、祝日だから、連休だからと言いながら、売れている方々よりも、しっかり休む。

そしてまた、平日働いて、成果があがらないのに、週末しっかり休む。

厳しいことを言うようですが、自分の置かれている状況、しっかり分かっていますか?と言いたいのです。

売れている営業さんは、成果を出すために、休日返上で頑張っています。

チャンスと見れば、貪欲に飛びつきます。

しかし、それよりも頑張らなければならないはずの売れていない営業さんが、休日はしっかり休む。

世の中で言う休日を口実に、ただ現実逃避したいだけなんですね。

その証拠に、土日はお客さんも休みだから休もうなんて都合良く理由をつけ、また月曜から頑張ろうなんて、予定も計画もないのに、決意したふりをする。

そしてまた月曜から、これまで通り、成果の出ない活動を、ダラダラと行い、また週末同じように休むんですね。

売れる様になるわけがないですよね?

何かのせいにして逃げるのは自由ですが、売れなければ収入はなくなる保険営業という仕事を、どこか舐めてはいませんか?と言いたいのです。

これまで何度もお話しして来ましたが、保険営業は、ダメなまま続けても、ダメなままです。

売れない方法でダラダラ続けても、絶対に売れる様にはなりません。

人よりも売れていないのならば、人よりも頑張らなければなりません。

しかし、休まずに働け!何て言っているのではないのです。

働く以上、休日も大切ですからね。

ただ、休むならば休むで、しっかり売れる活動をしてから休みましょう、と言いたいのです。

売れない活動をして、成果もあがらず、それでも週末は休む、というのは、ずっと休んでいるのと同じです。

休みも取りつつ、その上で結果も出したいというのであれば、まずは方法から変えなければ話にならないのです。

大切なことなので、もう一度お話しさせていただきます。

保険営業は、ダメなまま続けても、売れる様にはなりません。

ダメなものは、いつまで続けても、ダメなまま、売れないままです。

ですから、売れないという状況ならば、まずは方法を変えるというのが、売れる保険営業に変わるための、絶対条件になります。

結果も出したい、休みもしっかり取りたい、というのであれば、この様な成果を出してからにしませんか?

今回は厳しいお話で申し訳ございませんが、大切なことなのでご勘弁ください。