見直しアプローチは「数字」を使うと何倍も効果的です

飛び込みなどでも、アプローチの切り口として、保険の見直しを使うことが多いですよね。

保険の見直しをすれば、ご自身の保険を理解出来ますし、無駄を削って保険料も安く抑えることが出来るかも知れませんよ?

この様なアプローチがベースですね。

ただ、実際にこのままのアプローチをしても、あまり反応が良くないのは、恐らく体験済みかと思います(笑)

では、なぜこのアプローチでは反応が取れないのか。

メリットをイメージ出来ないからです。

保険料が安くなると言われても、いまいちピンと来ないんですね。

では、どうするか。

数字を入れるのです。

保険料が安くなる、ではなく、保険料がいくら安くなるかを伝えるのです。

保険料が安くなるかもしれませんよ~と言うよりも、毎月の保険料が5千円も安くなるかもしれませんよ?という方が、メリットを感じやすいのです。

しかし、実際に毎月の保険料が5千円安くなるとは限りませんから、断言することは出来ません。

では、どうするか。

実際の事例をお話しするのです。

営業
「先日見直しされた方は、よく考えたらあまり必要ないと思う保障を削り、月の保険料がご家族で5千円も安くなったんですよ」

実際の例を挙げると、リアルなイメージをしやすくなるんですね。

さらに、月に5千円浮けば、その分を何に使えるか?ということも、イメージしていただくことで、より関心を引けます。

営業
「5千円あれば、毎月豪華なランチにも行けてしまいますし、半年もすれば、ちょっとした旅行にも行けてしまいますよね(笑)」
営業
「毎月その5千円を積み立てておけば、お子様の学費にも回せますし、万が一お金が必要になった場合にも使えますよね?」

この様なお話をすることで、より強力にメリットを印象付けられます。

見直しにしても何にしても、アプローチや育成のポイントは、お客さんに明確なイメージをしていただくことです。

事例を使うと、ただメリットをお話しするよりも何倍も効果的ですから、ぜひ話法の中に組み込んで見て下さいね。

この様な話法なども、こちらで沢山ご紹介しておりますので、毎日の営業活動でご活用ください。