注意!新人さん、新保険営業さんは、この失敗パターンにはまらないでください。

今日は、多くの新人さん、新保険営業さんがはまってしまう、失敗パターンについて、お話しさせていただきます。

このパターン、実は気がついた時にはもう遅い、ということになりやすいので、今のうちからしっかり頭に置いていただければと思います。

まず、保険営業で失敗する方、辞めて行く方に共通するのは、危機感の薄さです。

例えば、わずか1、2年で辞めて行く新人さん。

数字があがらなくても、まだ新人だからだとか、慣れていないからだとか、都合良く数字があがらない理由をつけます。

そして、まだ本気じゃないから売れないけど、いざとなったら本気を出せば、売れる様になる!なんて、訳の分からない逃げ道を作ります。

大変だから、嫌だから逃げて行動しないだけなのに、本気じゃないなどと言い始めます(笑)

その様な方は、いよいよ後がなくなっても、結局逃げて行動しない。

または、何とかしようと焦るが、査定に間に合わず、辞めて行くことになる。

危機感が薄く、行動しない。

そして追い詰められてから行動、改善しようとして、結局間に合わない。

このパターンにはまって辞めて行く方は、本当に多いのです。

保険営業に就いて間もない方や、これから保険営業を始める方は、この失敗パターンにはまらないでくださいね。

気付いた時にはもう遅い、ということになりやすいですから、はじめから本気で、そして正しい方法で活動して下さい。

方法を間違えていれば、いくら頑張っても成果は出ませんが、正しい方法で、しっかり頑張れば、成果は必ず出ます。

後で間違いを改善するより、最初から正しい方法で活動する方が、ずっと楽ですし、成果も出しやすいですよ。

崖っぷちに立つほど、時間的にも改善は難しくなって行きますから、出来るだけ早く対策を立ててください。

出来ればここまで追い詰められる前に、改善してくださいね(笑)