注意!保険営業は出来ない理由を考えているうちは売れません

私はこれまで何名もの保険営業さんに、研修を通してお会いし、お話しさせていただきました。

その経験から、この方は伸びるだろうな、この方は残念ながら続かないだろうな、ということが分かります。

今回は、売れずにすぐに辞めて行く方々の特徴の一つについて、お話しさせていただきます。

その様な方に共通するのは、兎に角行動が遅いということです。

これをしましょう、これをすれば成果は出ます、ということをお教えしても、必ず何か言い訳をし、行動しません。

忙しいとか時間がないとか、バタバタしているとかタイミングが合わないとかばかりで、兎に角動き出しが遅い遅い(笑)

ご自身がそれで良いのならば、別に周りがとやかく言うことではありませんから、別に良いのです。

しかし、成果を出さなければ収入も得られず、食べて行けなくなるのは自分と家族なのです。

だったらやるしかないんですね。

言い訳、出来ない理由を考えて逃げるのは自由ですが、確実に売れませんし、すぐに辞めて行くことになります。

これは、私の研修経験からも明白です。

この様な方で、売れる様になった方を知りません。

行動しなければ、絶対にチャンスも生まれませんし、成果は出ません。

他人事ではなく、自分のことなのですから、ここはしっかり考えなければならないことですよ。

最初から全て上手く何て出来なくても良いのです。

最初から全て上手く出来る方の方が、稀なのです。

最初は上手く出来なくても、経験を積めば、必ず出来る様になります。

しかし、一歩も踏み出さなければ、何も先に進みません。

実際、私は右も左も分からない新人さんにお教えしておりますが、約1年の研修を終える頃には、そこらの並の経験者さんの数字は簡単に超えています。

何年もかけて試行錯誤し、勉強して行くところを、最初から成果の出る答えをお教えしているからです。

この道を通ればゴールに着きますという、最短距離をお教えしておりますので無駄がないのです。

成果が全ての保険営業だからこそ、寄り道している暇はないんですね。

しかし、この道は行きたくないからと別な道を選ぶと、遠回りになったり、目的地に着くことすら出来なくなります。

どの道を通るかは、自分次第です。

繰り返しになりますが、正解ルート、最短距離のルートを通らない理由を考えているうちは、売れません。

楽な道に逃げるのではなく、最短距離でゴールに辿り着く道を選びましょう。

これが、売れる保険営業になる最短距離ルートですよ。