注意!保険営業の飛び込みは闇雲に行っても成果は出せません。

新人研修でも、売れない営業さんの研修でも、飛び込みについての質問や相談は多いです。

それだけ多くの方がつまずくのが、飛び込み営業なんですね。

しかし、追加契約や紹介の元となる既契約者が少ない場合は、どうしても飛び込みなどでの白地開拓が必要になります。

ですから、苦手だからと避けて通るわけには行かないのです。

そこで決意し、いざ飛び込みしては見るが、やはり成果が出ない。

成果が出ないどころか、行く先々で嫌な顔をされ、見込み客どころか敵が増えて行く。

しっかり活動しているのに、飛び込みで成果を出せていない方は、確実に方法を間違えています。

飛び込みは、ただ闇雲に行っていても、成果は出せません。

折角決意して飛び込みしても、成果が出ないのではモチベーションが下がってしまいます。

結局途中で諦めて、成果を出せない。

しかし、また飛び込みしなければならなくなり、再チャレンジするが、やはり成果を出せず、途中で諦める。

この繰り返しになるので、全く成果が出せないんですね。

そうなれば当然、見込み客は増えず、当たる先がなくなる。

抱えるお客さんが少ないのですから、追加契約や紹介も増えない。

結局、辞めざるを得ないという状況になる。

しかも、この様に追い込まれるまでは、想像以上に早いんですね。

このままではマズイと思った時にはもう遅い、ということになります。

飛び込みで成果を出すには、正しい方法と、やるべきことがあるのです。

正しい方法、手順を踏まなければ、お客さんの興味も引けなければ、必要性を上げることも出来ません。

間違った方法で行動すれば、門前払いだけで先に進むことが出来ず、嫌な顔をされただけで終わります。

繰り返しになりますが、その様な不毛な活動にならないためにも、まずは正しい方法を覚えることが大切です。

飛び込みで成果を出すにはどうすれば良いのか。

大切なポイントを、こちらにまとめておきましたので、まずはご覧になって見てください。

折角頑張って飛び込みするのですから、ちゃんと成果を出せる様になりましょう。