注意!ダメなことをダメなまま続けるから成果が出ないのです

保険営業という仕事は、離職率が非常に高い仕事です。

ほとんどの方が、1、2年で辞めて行く、辞めさせられるという業界です。

辞める理由は明白です。

売れないから、成果を出せないからです。

仕事がきついとか、精神的に辛いとか、性格が悪くなるとか、友人をなくすとか、色々な理由をつけて辞めて行きますが、結局売れないからなのです。

では、なぜ売れないまま辞めて行くことになるのか。

ダメなことをダメなまま続けているからです。

売れない活動をいつまでも続けるから、売れないままなのです。

例えば、飛び込みで考えて見ましょう。

初回訪問で話を進めようとするが、断られる。

初回訪問で断られたからといって、もう訪問対象から外し、再訪しない。

次のお宅に行き、また同じことを繰り返す。

結局何百件もまわり、見込み客は見つからずに終わる。

こんなことを繰り返していても、成果は出ないのです。

こんな成果の出ない飛び込みを繰り返すうちに、あっと言う間に崖っぷちに立つんですね。

成果が出ていないことを感じた時点で、辞めて行く将来なんて見えていたはずなのです。

それなのに、変える努力もせず、行動もせず、ダメなことを繰り返し、結局想像通りの道を辿る。

このままではダメだと分かっているのならば、変えなければならないのです。

この仕事は、ダメなことをダメなまま続けても、絶対に売れる様になどなりません。

奇跡的な出会い、チャンスが舞い込んで、それがきっかけで劇的に売れる様になるということは、ありません。

やるべきことを、正しい方法で継続して行うことでしか、成功はないのです。

努力もしない、動きもしない、という方は、絶対に売れる様になどなりませんし、改善のしようもありません。

しかし、頑張っているが売れないという方は、方法を変えるだけで、劇的な変化をすることも珍しくないのです。

成果が出なかったのは、方法を間違えていて、成果の出ない活動をしていたからです。

正しい方法で、やるべきことをしっかりやれば、この様に短期間でも、成果はちゃんと出るのです。

今のままでは売れない、ジリ貧だ、崖っぷちに立つことになる、という場合には、真っ先に方法から変えて下さいね。

あとは実践するだけですよ。