有効!面談中のお客さんの緊張を解く魔法の言葉

● 有効!面談中のお客さんの緊張を解く魔法の言葉

おはようございます、加藤です。

お客さんとの面談中、何だかお客さんが話に集中していない様に感じるというご経験はありませんか?

質問しても、何だかはっきりと答えてくれないし、話を濁している様な感じを受ける方もおりますよね。

ちゃんと話を聞いてくれないし、答えてもくれない・・・信用されていないのかな・・・?なんて思ってしまうかもしれません。

この原因は、ほとんどの場合、お客さんの売り込みへの警戒心によるものなのです。

例えば、質問に答えたら、グイグイ話を詰められるのではないか?

家族構成など詳しく教えたら、あれも必要これも必要と、どんどん勧められるのではないか?

ちょっとでも質問したら、興味があると思ってグイグイ勧められるのでは?

そんな思いがあるんですね。

ですから、売り込まれたり、強引に詰められたら、どうやって逃げようか?ということを、常に考えてしまい、集中出来なくなるのです。

面談の時間を作ってくれたということは、保険に対して関心はあるが、その様なことも考えてしまうんですね。

この売り込みへの警戒心を取り除くことで、お客さんの緊張感を取り、集中して話を聞いていただくことが出来るようになります。

では、どうやって売り込みへの警戒心を取れば良いのか。

簡単に出来る、魔法の言葉があります。

「あ、私は商品を無理にお勧めする気などございませんので、必要ないと思いましたら、いつでもお断りくださいね(笑)」

最初にこの話をしてください。

単純な話で、私は売り込むつもりも、強引にお勧めするつもりもありませんよと、最初にお話ししてしまうのです。

これだけで、お客さんの警戒心や緊張感は、グッと楽になるんですね。

いつでも断れるという安心感があると、話に集中出来ますし、質問にも答えやすくなります。

グイグイ詰めて、逃げ道を無くして追い込むほど、お客さんは断ることや、逃げることしか考えなくなります。

断って下さいとお話ししておく方が、断られない不思議です(笑)

また、この話をしておくと、お客さんがリラックス出来るのはもちろん、我々営業側も、気持ちにゆとりが出来るようになります。

和やかな雰囲気で面談出来ますので、話も弾みますし、好印象を与えられますから、面談の際にはぜひ使って見てください。

今回の様な話法を使い、お客さんの気持ちをコントロールして面談するだけでも、成約率って、実は簡単に上がるものですよ。

折角面談まで漕ぎつけたのですから、取りこぼさない様にして行きましょう。

それでは今日も、頑張って行きましょう!