有効!お客さんの満足感を上げる、見積もり3種類を使った保険提案話法

今日から7月ですね。

まずは今月、しっかり数字を作り、目標達成する。

そして、種まきと育成をしっかりしておけば、来月頭に数字をまとめられます。

すると8月のお盆休みは、気分良く満喫することが出来ます(笑)

不安や焦りがあるままお盆休みを過ごしたくないのならば、しっかり数字を作り、準備もしておきましょう。

そのためには、今月頭から飛ばして行かなければなりませんよ。

本題です。

「保険の見積もりは3種類作って行くと良いよ」なんて話を聞いたことがありませんか?

簡単に言えば、高い、普通、安い見積もりを作るのです。

そうすると、人間の心理として、真ん中の普通のプランを選びやすくなるのです。

そして、営業側も、真ん中のプランを勧めるのが簡単なのです。

「こちらは高いですし、こちらでは保障が不安ですから、この中間が良いと思いますよ~」と、話せるんですね。

ですから、お客さんに提案するプランの本命は、真ん中のプランに合わせて、3種類の見積もりを使いましょうというのがスタンダードなのです。

しかし、これはやり方によって、高いプランを本命にすることも、安いプランを本命にすることも可能なのです。

そして、お客さんの納得感と満足感を高める、見積もり3種類を使った提案方法もあるのです。

その方法について、7月3日のメールセミナーでお話しさせていただきます。

3日の午後5時配信になりますので、こちらからご登録の上、お待ちください。

バックナンバーがご覧いただけませんので、読み逃しのない様にご注意くださいね。