新人さんでも簡単に使える、飛び込みでの有効アプローチ話法

多くの方が苦手で、成果を出せないのが、飛び込みです。

初回訪問で挨拶は出来たが、そこからのアプローチが上手く行かず、見込み客にならない。

同じ様に悩んでいる方は、かなり多いでしょう。

このアプローチですが、様々なパターンがあります。

飛び込みでは基本的に、何度も足を運び、自分のことを覚えていただきながら、これらのアプローチを織り交ぜて、お客さんを育てて行きます。

ですから、これまで何度もお話しして来た様に、色々なアプローチパターン、攻め方を身につけておくことが大切なんですね。

今回は、新人さんでも使いやすいアプローチ話法を一つ、ご紹介します。

まず、最初の切り口は、

「保険でお悩みのことはないですか?」

というものです。

これは一般的な切り出し方ですが、多くの方が、ここから先に進めないんですね。

「特にないです」で、そこから先に繋げられず、終わってしまうのです。

繋げ方は、こうです。

営業

「何か保険でお悩みのことはございませんか?

もしかしたら、そのお悩みは解決出来るかもしれませんので、何かございましたらお話しいただけませんか?」

ここから、

営業
「例えば保険料が高くて困っている、もう少し抑えられないかな、という様なお悩みはないでしょうか?」

と、繋げます。

ポイントは、「悩み事、問題を解決出来る可能性がある」ということを伝えることと、「悩みの実例を挙げる」ということです。

保険料が下がれば良いな、という思いは、多くの方が持っていることです。

それが出来るかも知れない、という思いを持っていただくのです。

多くの方が持っている悩みだからこそ、「悩みって言えば、保険料が高いことかな?」「そうそう、保険料は出来れば下げたいですね」

という反応が取れるのです。

そこから流れで、

営業

「保険料が高いというのは、もしかしたら何か保障が被っていたり、あまり必要のない保障が付いていたりしませんか?

よろしければ、保険証券さえあればチェック出来ますが、ちょっと確認だけして見ませんか?」

と、繋げます。

ここのポイントは、「そう言われれば保険の内容なんて分からないな」という疑問や不安を持っていただくこと。

そして、「確認は手軽に、簡単に出来る」と思っていただくことです。

不安だし、ちょっと確認だけしてもらおうかな?と思っていただくのです。

あとは証券を確認し、お客さんのニーズを聞き出しながら、的確なアドバイスをし、不要な保障を削り、足りない保障を足す。

この流れを押さえた見直しアプローチは、非常に分かりやすく、使いやすいですよ。

繰り返しイメージトレーニングやロープレし、使って見てください。

この様な実戦型のアプローチは、こちらでも沢山お教えしておりますので、よろしければご活用ください。

先にもお話ししましたが、話法やアプローチの数は、我々の武器の数です。

武器は多ければ多いほど、多彩な攻めが出来て、有利になりますよ。