大変だったら止めておこうという意識ならば保険営業は無理です

たまに、この様なご質問をいただきます。

「保険営業って、大変ですか?やって見ようか迷っています」

この様なことで悩んでいる方は、結構多い様です。

ネットでも、よく見る質問ですよね。

どの程度のことが大変なのかは、人それぞれですから、意見も様々でしょう。

ただ私は楽な仕事ではないと思います。

何が一番大変って、やはり歩合色が強いということです。

フルコミの代理店さんなどは、売れなければ収入はゼロですし、売れれば収入はどこまでも伸びますからね。

数字が全てですから、それだけプレッシャーも不安もある仕事でしょう。

一番大変なのは歩合ということですが、逆に一番の面白さ、魅力も歩合なのです。

つまり、自分次第で落ちるところまで落ちるし、天井なく伸びるのも保険営業で、全て自分の力次第という特徴を持つ仕事です。

この「全て自分の力次第」ということは、皆さんが分かっていることです。

これから保険営業に就こうかと思っている方も、ご存じのはずです。

その様な状況で「保険営業って大変ですか?」って、一体何を聞きたいのか、一体何と言って欲しいのか、ということなんですね。

大変ですと言われたら止めて、簡単です、楽ちんですと言われればやって見るのでしょうか?

その様な意識ならば、絶対にお勧めしません。

どの道すぐに辞めて行くことになりますから、誰にも迷惑をかけない様に、保険営業には手を出さないでください。

また、これは生々しいお話になりますが、「お客様のために」という意識では続けられないということも、覚えておいて下さい。

保険営業はお客さんの役に立って、保険はお客さんの生活を守るものだという考えは、とても立派なことですし、そうでなくてはなりません。

しかし、動機の根源はお客さんのためではないですよね?

自分と家族のために、成果を出し、収入を得るために頑張るのです。

お客さんのためになるから頑張れるのではなく、自分と家族のために頑張るのです。

その上で、お客さんの役に立てて、お客さんの生活、人生を守れるのが、保険営業であり、保険という商品なのです。

「保険営業はお客様に感謝され、とてもやり甲斐のある仕事ですから頑張ってください」

という話をしたいところですが、最も大切なのはここではないということを、真剣に考えてくださいね。

絶対に「お客様の役に立つため」<「自分と家族のための収入」になります。

ここは綺麗ごとではないですよ。

自分が頑張り、成果を出せることで、自分もお客さんにも利があるのが保険営業ということです。

保険営業は楽ではありませんが、成果が正しく収入に反映され、売れればやり甲斐もあり、お客さんの役に立てる仕事、というのが、私の答えになります。

繰り返しになりますが、大変だったら止めておこう程度の意識の方は、絶対に楽に逃げて売れる様にはなりませんから、手を出さないでくださいね。

ただし、本気で決意し、正しい方法でやるべきことをしっかりやれば、この様な成果はちゃんと出せますよ。

これが、保険営業最大の魅力です(笑)