売れる保険営業さんと売れない保険営業さんでは目線が全く違います

今回は、売れる保険営業さんと、売れない保険営業さんで、全く違うものについて、お話しさせていただきます。

売れる保険営業さんと売れない保険営業さんの違いは、当然沢山あります。

もちろん、スキル、ノウハウ、テクニックというものも、大きな違いではあるでしょう。

しかし、そんな難しい話の前に、そもそも大きな違いがあるんですね。

それは、「目線」です。

売れる保険営業さんは、常に何をするにも、お客さんの目線で考えて行動します。

これはお客さんがどう思うだろうか?嫌がらないだろうか?喜んでくれるだろうか?

自分がこれをされたらどう思うだろうか?嬉しいかな?好感を持つのではないだろうか?信頼感が上がるのではないかな?

今の自分に任せているお客さんは、どう思ってるだろうか?何を望んでいるかな?何をすれば、より満足感が上がるかな?

この様なことを、常に考えているのです。

自分がお客さんの立場ならば、こんな営業に任せたい、という理想の営業像を持っているんですね。

ですから、とにかくお客さんに喜ばれること、満足していただけることを考えて、そして、そのための活動が出来るのです。

しかし、売れない保険営業さんは、お客さん目線ではなく、自分目線になっているんですね。

例えば、飛び込みする際にも、「よし!このパンフレットをお客さんに読んでもらって、興味を持ってもらおう!」

そんな思いで、いきなり「良い商品があるんですよ!こちらなんですが~」なんて、パンフを広げてグイグイ話を進めようとする。

「どうやったら読んでも良いという気持ちになるだろう?ということは考えずに、「読んでもらおう!」ということだけが頭にあるのです。

紹介をいただくのもそうです。

「よし!紹介してもらえるようにお願いして来よう!」なんて考えますが、「どの様な営業ならば、紹介しようと思うかな?」

ということは、考えないんですね。

ですから、行動自体が売り込みや強引なものになり、的外れ、それどころかマイナスになってしまうのです。

この目線の違いは、行動にも結果にも、大きな大きな違いとなって表れます。

この様なお話をすると、「なんだ、そんな当たり前のことを今さら」なんて仰る方がおります。

しかし、そんな方ほど、実はその当たり前のことすら出来ずに、売れない営業になっているんですね。

当たり前のことを当たり前だと流さずに、しっかり振り返り、確認し、改善出来る方は、ちゃんと結果を出せますよ。

ちなみにもう一つ、売れる保険営業さんと売れない営業さんでは、大きく違うことがあります。

「目標の高さ」です。

売れない保険営業さんは、例えば月収50万もあれば満足、なんて思い、それが達成出来ると、そこから収入も横ばいになります。

そこまでの行動で、足を止めるからです。

しかし、売れる営業さんは、どんどん上を目指そうとしますから、足も止めませんし、常に前に進もうとします。

今よりもスキルアップしようとし、数字もあげようとします。

この意識の差も、結果的に数字、収入の大きな違いになりますよ。

ある程度で満足するのではなく、この様にどんどん上を目指してくださいね。