売れない保険営業さんはハガキも手紙も有効に使えていません

売れずに悩む保険営業さんの研修で、この様な質問をすることがあります。

「ハガキや手紙を、ちゃんと活用していますか?」

ということです。

すると驚くことに、ほとんどの方が活用出来ておりません。

それどころか、ほとんどハガキや手紙などは出さないと言われます。

その理由としては、「送るタイミングが分からない」「何を書いたら良いのか分からない」「コストがかかる」「手間がかかる」「メールで済ませている」

この様なことから、ハガキや手紙はあまり使わないとのことです。

この様な方は、ハガキや手紙を、ただのお知らせ程度にしか考えていないんですね。

ですから、ただ連絡したいことやお知らせを印刷し、出来るだけ手間をかけないで送ろうとするのです。

ただのゴミ同然のDMになってしまっているのです。

この考えを変えなければなりません。

ハガキや手紙は、ただのお知らせではありません。

お客さんとの「接触」なのです。

以前からお話ししておりますが、お客さんに好感や親近感、信頼感を持っていただくには、お客さんとの接触回数が大切になります。

この接触は、直接お会いしてお話することに限りません。

ハガキや手紙も、有効な接触の一つなのです。

直接お客さんとお会いして話す場合でも、メモを見ながら業務的に話したりしませんよね?

ちゃんとお客さんの目を見て、お客さんのことを考え、一人のお客さん、個人として話すはずです。

ハガキや手紙を印刷にして送るというのは、お客さんの前でメモを見ながら、ただ読み上げるのと同じです。

一人のお客さんと接しているのではなく、大勢のお客さんに連絡しているのと同じで、全く心がこもっていないのです。

ですから、そんなお知らせ文章はゴミ箱直行になり、接触にはなりません。

大袈裟に思われるかも知れませんが、お客さんにお送りするハガキや手紙は、ラブレターでなければならないのです。

印刷のラブレターを送る人はいませんよね?(笑)

心を込めた、手書きだからこそ、相手の心に届くのです。

この様なハガキや手紙が、「接触」になるのです。

手書きの文字に、心がこもり、その心を感じていただけるのですから、メールではいけません。

大切なお客さんとの接触になり、チャンスを広げることになりますから、ぜひハガキや手紙は、手間暇を惜しまずに、心を込めてお送りしましょう。

私はバースデーカードやフォローなど、毎日何らかのハガキや手紙を何通か書いております。

毎月のハガキや切手代などは、やはり数万円になるほどかかりますが、十分その見返りがありますよ。

ちなみに私が使っている、お客さんの心を動かすハガキや手紙などのノウハウは、こちらのマニュアルにお付けしている限定特典でも、お教えしております。

ぜひ特典としてお受け取りいただき、毎日活用していただければと思います。

コロナでなかなかお客さんと会うことが難しい今だからこそ、フル活用しましょう。