売れずに悩む保険営業の皆様へ、今年最後の小言です。

今年最後の記事になります。

今年、目標達成出来た方も、残念ながら未達に終わった方も、一年間、お疲れ様でした。

また、今年一年、私のブログ、メールセミナーにお付き合い下さり、ありがとうございました。

そして、私のマニュアルをご覧くださり、実践していただいた皆様に、心よりお礼申し上げます。

今年も皆様からの成果のご報告を、沢山いただきましたが、本当に嬉しく、そしてブログやメールセミナーを書き続ける力にもなりました。

そのお力をいただき、来年も皆様にお役立ていただける情報、ノウハウなどを配信してまいりたいと思います。

さて、ここからは、今年最後の小言となります(笑)

今年、成果を出せず、目標はおろか、ノルマすら達成出来なかったという方も、多いかと思います。

そして、来年も続けられるだろうか?次の査定をクリア出来るだろうか?いつまで持つだろうか?などと考えているかも知れません。

もっと追い詰められている方や、半ば諦めている様な方は、既に辞めることを前提として、先を考えているかも知れません。

もしも、保険営業は続けられない、辞めようと思っているという方は、一つ正直に考えて見てください。

やるべきことを、本当に全力でやりましたか?

成果を出せなかったのではなく、出すための行動をしていなかったのではないですか?

売れなかったのを、保険という商品や、世の中の流れのせいにしていませんか?

真剣に頑張って、全力で行動して、それでも自分に合わないという方ならば、良いでしょう。

しかし、保険営業に就いて、わずか1年足らずで辞めて行く方のほとんどは、大して行動もせず、このままではダメだと分かっているのに、変える努力もしなかった方です。

自分が逃げてダメな結果になったのに、保険なんて売れないと言い訳し、そして始末の悪いことに、知った様な口で、ネットなどでも、保険は売れない~なんて言われるんですね。

この様なつまらない方には、なって欲しくないのです。

売れなかったのは、自分の力が足りなかったからです。

売れない状況を変えるために、本気で努力もせず、逃げ回っていた方です。

結果論になりますが、この様な甘い考えの方は、保険営業など始めるべきではなかったのです。

ただ、私としては、折角就いた保険営業という仕事を、そのまま辞めて欲しくはないのです。

厳しい言い方ですが、友人や保険を任せて下さったお客さん達に迷惑をかけて、すぐに辞めて行く、無責任な保険営業さんが、世の中には沢山います。

その様な方々のせいで、保険営業という仕事のイメージを悪くしているのも事実です。

しかし、保険という商品はもちろん、真剣に仕事をし、お客さんのために尽力してくれる保険営業は、必ず多くの方が必要としている存在なのです。

私は、その様な保険営業さんを育成し、活躍していただきたいので、研修を行っているのです。

そのためには、保険営業自身が成果を出し、頑張った分だけの収入を得られなければ、続けられないのです。

ここは綺麗ごとではなく、自分への見返りがあるからこそ頑張れる仕事であり、お客さんのためになる仕事が出来るのです。

ですから、何度も何度もくどいほど、売れる保険営業になるために、正しい方法を身につけてくださいと、お話ししているのです。

今年成果を出せなかった方は、不安や悔しさ、情けなさなどなど、色々あるでしょう。

私は本当に、そんな思いを持ったまま、惨めにリタイアして欲しくないと思っております。

まずはやるべきことを、全力でやって見ましょう。

それでも合わないと思った時に、辞めるかどうかを考えてください。

今、悔しい、情けないと思っているのは、全力で頑張ったのに成果が出なかったからではないですよね?

やらなければならなかったこと、変えなければならなかったことを分かっているのに、逃げてしまったからですよね?

後悔だけはしない様に、やれるだけのことをやりましょう。

今年最後の記事で、この様なお話をするのは心苦しいのですが、本気で成功していただきたいと思っているからこそ、お話しさせていただきました。

2018年が、飛躍の年になることを、お祈り致しております。

今年一年、お疲れ様でした。

それでは良いお年を。