出来ない理由を作ろうとすれば、いくらでも作れます。

売れない営業さんの特徴として、行動するまでが遅いというものがあります。

これをやらなければいけない、これをやりましょう、ということも、決意するまでが遅く、そこから行動を起こすまでも時間がかかります。

スタートが遅ければ、当然ゴールするのも遅くなります。

駆けっこならば、それでも良いでしょう。

しかし、保険営業の場合は、遅れれば遅れるほど、ゴールすることが難しくなります。

時間に迫られ、ノルマ、査定すらクリア出来ずに脱落しますからね。

ですから、決意、決断、行動は、出来るだけ迅速に行わなければならないのです。

行動のブレーキとなるのは、やはり「楽への逃げ」です。

大変なこと、やりたくないことから逃げ、楽なことだけをやろうとします。

それが成果を出すためにどれだけ大切で、必要なものだとしても、大変なことはやろうとしない。

成果は出ませんと言っていても、楽なことをやろうとする。

成果が出ない、売れないなんて、当たり前なんですね。

大変なことをやりたくないので、今度は一生懸命に出来ない言い訳を作ろうとします。

忙しいだとか、タイミングが違うとか、体調が優れないだとか。

出来ない理由など、作ろうとすればいくらでも作ることが出来るでしょう。

いや、自分がそれで良いというのならば、別に良いのです。

成果を出せば報酬は支払いますし、出なければ払いませんよ?という単純な話なのですから。

お金に余裕があって、別に売れなくても構わないという方ならば別ですが、ほとんどの方は、その様な余裕はないでしょう。

だったら、嫌だろうが大変だろうが、やるべきことをやるしかないのです。

誰も助けてくれないのですから、自分で成果を出すしかないのです。

逃げている余裕はありませんし、逃げ回っていたところで、何一つ改善されません。

売れる様になる方って、全く逆のことをしています。

出来ない理由を考え、作り出すのではなく、障害となっていることを一つずつ潰し、どうやれば出来る様になるかを考えているのです。

逃げていても追い詰められるだけなのだから、やるしかない、ということを、ちゃんと理解しているんですね。

危機感の強さが違うのです。

出来ない理由を潰し、やるべきことを一つずつやるので、ちゃんと成果が出る様になるのです。

出来ない理由を作って逃げていれば、いつまで経っても売れない状況は抜け出せません。

やりたくなくても、正しい方法で、やるべきことをしっかりやれば、ちゃんと成果も出ますし、売れる様になります。

方法は全てお教えしますので、出来ない理由を作る前に、まずは行動に移してくださいね。

真剣に活動すれば、短期間でもこれだけの違いが出ますよ。

まずは一歩踏み出すことです。

必ず変わり始めますよ。