再掲 新型コロナ蔓延の今、保険営業がやるべきこと

いつもありがとうございます、加藤です。

新型コロナの蔓延で、我々保険営業にも様々な影響が出ております。

私も基本的には自らお客さんのところへは伺ったりせず、待機しながら仕事をしております。

この様な状況ですから、やはり外での活動は控えなければなりません。

しかし、我々の仕事は数字をあげなければ収入を得られないのも事実で、辛い状況かも知れません。

動かなければならないが、思う様に活動出来ない歯がゆさもあるかと思います。

私の場合ですが、正直なところ、数字の焦りはありません。

実は、現在は外での活動を控えておりますが、面談アポはビッシリと詰まっております。

もちろん、明確な日時のアポではなく、コロナ終息後の仮アポも多いのですが、それでもかなりの数がありますので、焦りはありません。

さらに言えば、先月、先々月の数字がかなり伸びました。

ですから、年間目標の進捗は、この様な状況でも順調に伸びております。

なぜ、この様な状況で数字を伸ばし、アポも途切れることなく入れられたのか。

実は、現在の様な状況で、非常にお客さんの関心を惹くことが出来て、売りやすい保険があるのです。

俗に言う、収入保障、所得保障の保険です。

先月、先々月、この保険で大きな数字をあげられたんですね。

現在は、新型コロナの感染者数と同じくらい、経済、収入等に関心が集まり、危機感を持っている方が大勢おります。

その危機感を、現在の新型コロナ蔓延時だけではなく、いずれ来るであろう終息時以降にも持っていただくのです。

その話法の一例です。

営業

今、新型コロナが蔓延して、お仕事や収入にも大変な影響が出ているかと思います。

公的な補助なども検討されている様ですが、それでも大変な状況でしょう。

お客さん

そうなんですよね・・・

うちは飲食店ですし、お客さんも激減してしまい、それに比例して収入もね・・・

営業

そうですよね。

飲食店を経営されている方、自営業者様は非常にお辛い状況かと思います。

でも、この状況を何とか耐え抜くことが出来れば、きっとまたお客様は戻って来てくれると思います。

今が踏ん張り時ですね。

お客さん

そうですね。

早く終息することを願って、頑張ります。

営業
この様な状況になり、普通に仕事が出来て、収入を得られるということの有難さを実感出来ますよね。
お客さん

そうですね。

普段何も気にせずに仕事をしていましたが、仕事が出来なくなるというのは、本当に大変なんですね・・・

営業

○○さん、そうなんですよ。

この様な時だからこそお話ししたいのですが、新型コロナはいつかは終息するでしょう。

お店だって、これまで通りに再開、営業出来る時が来るでしょう。

しかし、万が一、大きな怪我や病気をして、長く入院することになったらどうでしょうか?

お客さん

いや、それは今以上に大変なことになりますね・・・

私がいなければ店が回りませんから、完全に休業しなければなりませんし・・・

営業

そうですよね。

さらに、こんなことは考えたくありませんが、万が一、事故や怪我で失明してしまったり、寝たきりになってしまったらどうでしょうか?

私もそうですが、もう働くことは出来ないでしょう。

しかも、新型コロナと違い、恐らく生涯、その状況から復活出来ることはありません。

お客さん

それは考えたくもないですが、なくはない話ですよね・・・

何だか急に怖くなって来ました・・・

営業

そうですよね。

しかし、万が一その様なことになったとして、仕事からの収入が途絶えてしまったとしても、保険でカバーすることは可能なんですよ。

それが、収入保障、所得保障の保険なのです。

この様な話をして、お客さんに危機感と関心を持っていただくのです。
さらに、万が一をリアルに想像していただき、収入保障、所得保障保険の必要性を上げるのです。
これまでもお話しして来ましたが、リアルなイメージをしていただくには、収入、支出、期間など、「数字」を入れることがポイントです。
よく、保険営業は人の恐怖心を煽って保険に入れさせる!なんて仰る方がおりますが、違いますよ。
恐怖心を煽っているのではなく、目の前に実際に存在するリスクに気付いていただき、それに対する備えのお手伝いをする仕事です。
恐怖心を煽る~なんて仰る方は、リスクから目を背けたいのです。
薄々リスクには気付いているが、それに備えるには保険が必要で、保険に入ればお金が掛かる。
だから考えない様にしたいのです。
そこを触られたくないだけなんですね。
しっかりリスクに向かい合おうとする方は、ちゃんと話を聞いてくれますし、検討して下さいます。
先月、先々月、私が収入保障、所得保障保険で大きな数字をあげられたのも、沢山のアポを入れられているのも、その様な方が多い証拠ですよ。
新型コロナが蔓延している今、我々保険営業がやるべきことは、普通に働き、普通に収入が得られることは当たり前ではない、ということを、お客さんに気づいていただくことです。
そして、働けなくなるリスク、収入が途絶えるリスクは、今の状況だけではなく、今後もずっとそばにあるということに気づいていただき、それに備えることが必要だと感じていただくことです。
今回お話しさせていただいた話法は、新型コロナと収入保障保険を絡めた一例です。
この様な話法は、保険営業にとっては武器になるものです。
武器は多ければ多いほど、戦いを有利に進めることが出来ますから、出来るだけ多く習得しておきましょう。
また、自分で応用、改良して増やす努力も大切ですね。
沢山の武器、話法の習得の様に、スキルアップというのも、外での活動が難しいこの状況で、保険営業さんが行うべきことですよ。
他にも、実際の現場で使える話法は、以下のリンク先で沢山お教えしておりますので、よろしければご活用ください。
我々も大変な状況ですが、頑張って乗り切りましょうね。