先延ばしにして良いことなど何一つないのに先延ばしにする不思議

今回は、保険営業に就いた方の多くが、わずか1年で辞めて行くことになる、典型的なパターンについて、お話しさせていただきます。

保険営業に就いてから1、2ヶ月は、まだ当たる先もあり、生き生きと活動する方が多いです。

数字もあがり、順調な気がしてしまう、危うい時期でもあります。

しかし、3ヶ月もすると、当たる先もなくなって来て、焦りを感じる様になります。

このままではお客さんがいなくなるということを、しっかり認識し、すぐに見込み客を見つける活動をする方は良いのです。

しかし、ほとんどの方は、その活動をせずに、やることがない、やることが分からないと言いながら、無駄な時間を過ごします。

自分でも、このままでは当たる先がなくなることなど、絶対に分かっているはずなのです。

しかし、見込み客を見つける活動となれば、飛び込みなどの活動が必要になるので、避けるんですね。

結局、見込み客が見つからず、当たる先もなくなり、数字も止まり、1年も持たずに辞めて行くのです。

これが、最短で辞めて行くパターンです。

もう一つの辞めて行くパターンは、お客さんがいなくなり、いよいよ後がなくなった状況で、お客さんを探し出すパターンです。

このままではマズイと思いつつも、見込み客を探す活動を避けていた。

査定も迫っているが、辞めるわけにも行かない。

そこで焦って見込み客を探そうとするが、結局タイムアップで辞めさせられるという状況になるんですね。

結局のところ、すぐに辞めて行く方は、やらなければならないことから逃げ、やるべきことをやらなかっただけなのです。

やらなければならないことを先延ばしにすれば、この様な結果になることなど容易に予測出来たはずです。

先延ばしにして良いことなど何一つないのに、先延ばしにする。

本当に不思議です・・・

また、同じく不思議なのは、成果が出ていない活動を、いつまでも続けることです。

このまま続けても成果が出ないことを分かっているのに、そのまま同じことを続ける。

結果がどうなるかなんて、分り切っているのにです。

こちらも結局は、変えるための行動から逃げているだけなんですね。

確かに何かを変えるということは、エネルギーの要ることですし、楽なことばかりではないでしょう。

しかし、そこから逃げてしまえば、行きつくところは崖なのです。

だったら大変でも、方向転換しなければならないのです。

本当に保険営業で食べて行くのならば、やらなければならないことから逃げずに、行動に移しましょう。

先延ばしにしても良いことなど何もないのですから、やるべきことを、「今」やりましょう。

正しい方法で、やるべきことをしっかりやれば、短期間でも、これだけの違いが出ますよ。