保険営業も自転車も漕ぎ出しでモタつくから乗れないのです

今回は、保険営業に就いて、わずか1年で辞めて行く方々に共通する、ある特徴について、お話しさせていただきます。

これは、売れない状況を全く改善出来ない方にも見られる特徴です。

新人さんや、売れない営業さんからも、「なかなか成果が出ないのですが、どうしたら良いでしょうか・・・」というご相談を、よくいただきます。

それに対し、詳しく話を伺い「ではこの活動を、この様にして見てください」と、アドバイスします。

ここで、「分かりました、早速やって見ます」と言い、すぐに行動する方は、やはり伸びますし、改善も早いです。

しかし、「そうですね・・・今度やって見ます・・・」という様に、やる気もなく、聞き流す方は、そのまま辞めて行きます。

当たり前ですよね?何も変わらないのですから。

具合が悪いですという方に、お医者さんがこれを飲めば良くなりますと薬を出しているのに、苦いから嫌だと飲まないのと同じです。

治したいのならば、苦かろうが薬を飲まなければならないのです。

ここでモタつくと、いつまでも変わりませんし、逃げ癖が付いてしまうので、致命傷になるんですね。

しかし、一歩でも踏み込んで見ると、意外なほどすんなりと前に進むものなのです。

自転車の漕ぎ出しと同じです。

漕ぎ出しでモタつけば、フラフラして乗れません。

しかし、勇気を出してグイッと踏み込み、勢いをつければ、あとはスイスイと進むものなのです。

怖くて乗れないなんて思い込んでいただけで、実は誰でも乗れるのです。

自転車ならば、ただ乗れないだけで済むかもしれませんが、営業の場合は、成果を出せなければ食べて行けなくなりますから、待ったなしですよ。

私のお教えしていることが、もしも難しくて自分には出来ないのでは?なんて思っている場合は、心配無用です(笑)

お教えしているのは、新人さんでもしっかり実践出来るものばかりです。

しかし、そんな新人さんが、この様にちゃんと成果を出している方法でもありますよ。

この様な成果は、極一部の方にしか出せないものではありませんから、まずは一歩踏み出して見てくださいね。

きっと勢いに乗れますよ。