保険営業は小さなことでも好感度が上がります

突然ですが、質問です。

普段の活動でお客さんからの電話に出る際に、どの様な出方をしますか?

「もしもし、あ、いつもお世話になっております~」というのが、一番多いパターンかも知れませんね。

多くの方が、この様な出方をしているかと思います。

しかし、これでは可もなく不可もなく、ただ電話に出ただけです。

お客さんからしても、何の違和感もない、普通のことでしょう。

しかし、ちょっと変えるだけで、お客さんの持つ好感度は上がります。

今は着信があった時点で、登録があればお客さんの名前が分かりますから、電話に出る際には、もう相手が分かっている場合がほとんどです。

ですから、電話に出る際に、お客さんの名前を読んでください。

「○○さん、いつもありがとうございます!」という様に、最初にこちらから名前を呼んでしまうのです。

するとお客さんは、ただ大勢のお客の中の一人と扱われているのではなく、電話に名前と番号を登録してくれていて、大切に扱われていると思うんですね。

最初に名前を呼んでもらえれば、しっかり自分のことを覚えてくれていると思いますし、ちょっと嬉しくなってしまうものなのです。

電話の出方一つ変えるだけで、お客さんが持つ印象は、随分変わるものなのです。

全く手間もコストもかからないのですから、どちらの出方をするかは、迷う必要がないですよね(笑)

また、手紙やハガキを書く時も、最初に相手の名前を入れるのは有効です。

人は、自分の名前を呼んでくれる人に対して好感を持ち、呼ばれる回数が増えると、距離が縮まりますからね。

この様な自分の「魅せ方」が、売れる営業さんは上手です。

自然に自分に好感を持っていただくためにも、魅せ方は沢山身につけておきましょう。

ちなみに私のマニュアルでは、魅せ方も沢山テクニックとしてご紹介しております。

この様な魅せる行動を習慣化して、どんどんファンを増やして下さいね(笑)

習慣化すれば、意識せずに、普通に魅せる行動が出来て来ますよ。