保険営業はアプローチでつまずくと先はありません。

多くの保険営業さんがつまずくのが、アプローチです。

アプローチが上手く出来ないので、お客さんが増えない。

お客さんが増えないので、育てようも、追いようもなく、ずっと動き回り、お客さんの増えないアプローチを続けなければならなくなります。

当然その間、数字は止まってしまうんですね。

このアプローチが上手く出来ないので、先に進めずに辞めざるを得なくなる。

保険営業は、アプローチでつまずくと、先はありません。

どんなに優れた面談やプランニング、紹介獲得ノウハウなどをお教えしても、使える機会が少ないので、活かし切れないのです。

また、多くの方が、友人、知人へのアプローチを嫌がります。

嫌がられる、友達を失うなどの理由で、友人知人にはアプローチしません。

もしも、同じ様に思っているのならば、その時点でアプローチの仕方を間違えています。

そのまま続けても、お客さんを増やすどころか、敵を増やすだけです。

そんなアプローチをしている営業さんが多いので、残念ながら保険営業は、多くの方に嫌がられ、マイナスイメージを持たれているのです。

しかし、中には本当にお客さんに仲良くしていただき、信頼していただけている営業さんも、ちゃんといます。

その様な方々は、やはりちゃんとお客さんを増やせるアプローチが出来ているんですね。

アプローチは、保険営業の基本であり、その後を大きく分ける重要なポイントです。

ですから私のマニュアルでは、アプローチには特に力を入れてお教えしているのです。

他のノウハウを活かすためにも、チャンスを増やし、成果を出せるアプローチは、しっかり身につけて下さい。

間違ったアプローチをしていては、いつまで経ってもお客さんは増えません。

折角頑張るのですから、ちゃんと成果の出る方法で頑張りましょう。

アプローチのポイントや話法などは、こちらを参考になさってください。