保険営業の飛び込みは、これでちょっと楽しくなります(笑)

お客さんが増えて、追加契約や紹介で回せるようになるまでは、保険営業でのメイン活動は、飛び込みになります。

国内生保さんの場合は、職域活動メインの方もおられると思いますが、実際のところ、職域活動だけでは、それほど大きな数字をあげることは出来ません。

やはり個人宅や商店などへの飛び込みは、重要になります。

しかし、多くの方が、この飛び込みでつまずくんですね。

保険営業で最初に当たる、それでいてとても高い壁が、飛び込みです。

この飛び込みですが、ほとんどの方が、継続した活動が出来ていません。

数回飛び込みし、成果が出なかった、怖かった、緊張した、辛かった、もうやりたくないと思い、逃げてしまいます。

一度ついた苦手意識や恐怖感は、放置していてもなくなりません。

どうせやっても成果が出ないという自分都合の言い訳は、逃げ癖となって、なかなか抜け出せなくなります。

飛び込みの恐怖心や苦手意識は、成果を積み上げることでしか消えません。

やっても成果が出ないという思いも、成果を出すことでしか消せません。

ですから、余計なことをゴチャゴチャと考え、言い訳して動きを止めず、まず継続することが大切なのです。

そしてチャンスを拾い、成果に繋がれば、苦手意識も恐怖心も、無理だという気持ちも、少しずつ消えて来ます。

成功が積み重なれば、苦手どころか、飛び込みで成果を出せるという自信がつきますので、どんどん足が前に出ます。

活動量が増えれば、それだけチャンスも拾えて、成果も出ますからね。

そうは言っても、なかなか行動出来ないという方は、一つこの様に考えて見てください。

飛び込みは、ダイヤや金の採掘と同じです。

バケツ一杯に石を拾っても、そのほとんどは、ただの石です。

しかし、中にはダイヤや金が入っている石があるんですね。

これが見込み客です。

しかし、この石ですら、磨いて見ないと価値があるのかどうか、分りません。

磨いて見たが、商品価値のないダイヤや金だったということもあるでしょう。

しかし、ちゃんと立派な商品になるものもあるのです。

これが、飛び込みで見つけた見込み客の育成なんですね。

磨いて磨いて、お客さんの興味や必要性を上げて、契約まで進める。

この契約というダイヤや金は、もとはバケツに詰めた石です。

しかし、この石を拾わなければ、このダイヤを手にすることはなかったのです。

沢山の石を拾い、バケツに詰めるということが、飛び込みでいえば、沢山の軒数を回るということです。

全ての石がダイヤではありませんし、ほとんどがただの石ですが、その中にはダイヤがある可能性があるのです。

そう考えれば、飛び込みって、宝探しの様で楽しくありませんか?(笑)

また、全てのお客さんからご契約いただける訳ではありませんし、そんなことをする必要もないと思えば、気持ちも楽ですよね?

これは完全にただの石だなと思えば、転がしておけば良いのですから(笑)

ダイヤを含む可能性のある石だけを残し、磨けば良いのです。

ただし、飛び込みの場合は、一目見ただけでは判断出来ないことが多いので、何度か通い、ちょっとだけ磨いて見ることが大切です。

初回訪問時の断りは、警戒心からの断りの場合がほとんどですから、何度か通い、探って見ましょう。

いかがでしょうか?

ダイヤや金を探すには、鉱山や採掘場に行かなければなりませんが、飛び込みならば、目の前、まわりは全て発掘チャンスのある場所です。

まずは気負わずに、つるはしとスコップでも持って、探しに行って見ましょうね(笑)

「こんなところに本当にダイヤがあるのか?」という思いも、一つダイヤを見つけることが出来れば、ここにダイヤはある!と思えますから、まずは一つですよ。

ちなみに、飛び込みは闇雲に行っても、成果は出ません。

ダイヤや金の採掘だって、しっかりポイントを絞って、正しい道具と方法で掘らなければ、いつまで経っても手に出来ません。

そして、正しい道具というのが、保険営業での正しい方法になります。

沢山の石を採掘しなければならないのに、小さな園芸用のスコップなんて使っていたら、大変ですからね。

ですから、大きなシャベル、ショベルカーで掘ってください。

成果を出すのならば、正しい方法で行ってくださいね。

正しい方法、成果を出す方法は、全てこちらに詰めてありますよ。