保険営業でダメなことを続けるメリットは何一つありません

今回は、ちょっと辛口ですが、とても大切なことですから、ご勘弁ください。

いきなりですが、ちょっと昔を振り返って見て下さい。

学生時代、得意教科と苦手な教科はありませんでしたか?

それとも、どの教科もお得意でしたか?

私は国語以外、ほとんど苦手でした・・・

特に数学は公式を見るだけで頭が痛くなるほどです(笑)

しかし、受験などを考えれば、どうしても苦手なまま放置出来ない科目もありますよね?

その苦手科目を何とかしようと、一生懸命に勉強するわけです。

苦手なものは、力を入れて克服する。

また、野球やゴルフなどもそうです。

「守備は良いんだけど、バッティングが苦手なんだよな」

「ドライバーは良いんだけど、パットが苦手なんだよな」

という様に、苦手なところが分かっている場合、苦手なところを直す努力をしますよね。

しかし、不思議なことに、営業となると、苦手なところが分かっているのに、直そうとしない。

単純な話、大変そうだから、辛そうだからなんて理由で、逃げているだけなのです。

逃げていつか改善されるのならば、改善されるまで逃げるのも良いでしょう。

しかし、絶対に改善されないのですから、現状を好転させるには、改善するしかないのです。

正直な話、私にはダメなところが分かっているのに、改善せずにダメなまま続ける意味が分かりません。

今以上にダメになることは明らかなのに、わざわざその道を歩く意味が分かりません。

この話をすると、必ずこの様なことを考える方がおります。

「そうは言っても、そう簡単には変えられないでしょ・・・」

そう簡単には~何て言っているのに、その簡単なことすらしようとしない、していないのです。

変わるわけがないですよね?

勉強だってスポーツだって、苦手なところを頑張って勉強、練習するからこそ出来る様になるのです。

営業だって、苦手なこと、上手く出来ないこと、成果の出ないことを改善することで、成果となって現れるんですね。

もしも今、苦手だとしていることろ、このままではダメだと思うことがあるのならば、どうか避けずに向き合ってください。

しつこい様ですが、ダメなものをダメなまま続けても、ダメな結果しか出せません。

ダメなところを放っておく、逃げて変えないことにメリットはありません。

逃げずにしっかり向き合って改善すれば、この様に必ずダメなところ、成果の出なかったこと、結果も変えられますよ。

ほんのちょっとの勇気と実践で、思いのほか簡単に変えられることも多々ありますからね。

保険営業でダメなことを続けるメリットは何一つない、ということを、しっかり頭に置いていただければと思います。