保険営業さんが消えるのか生き残るのかは、ここで分かれます。

売れずに悩む保険営業さんを集めての研修をしていると分かるのですが、参加される方の多くは、2~3年目の方々です。

ベースもなくなり、ギリギリ繋いでいるという状況で、もう後がない、切羽詰まった状況で、何とかしょうと研修に参加されるんですね。

私が行っている新人研修の様に、最初からやるべきことと、正しい方法をお教えして、そのまま実践していただいていたのならば、この状況にはならなかったはずです。

切羽詰った状態になるほど、時間との勝負になりますので、改善は難しくなるのです。

すぐに成果が出るものもあれば、種まきからしなければならないこともありますから、結果が出るまでの期間、持ちこたえられるかどうかが勝負です。

今頑張っているところですから、数字は待ってください、査定は待ってください、というわけには行きませんからね。

ですから、この様な状況になる前に、手を打っておく必要があるのです。

この状況になることは、本人たちも分かっていたはずです。

このままではダメだ、続けられなくなるなんて、絶対に予測出来ていたはずなのです。

しかし、変える努力をしなかった。

努力はしたなんて言っていても、本当は大した努力もしなかったと、自分で分かっているはずです。

このままではダメだからと、本気で現状を変えようと努力するのか。

ダメなことは分かっているが、変える努力をせず、ダメなことをダメなまま続けるのか。

消えるのか生き残るのかは、単純にここで分かれます。

そして、ダメな状況を変えるための行動を起こすのが早いほど、生き残れる可能性は高くなります。

ダメなのは分かっているけど、変わる努力もしたくない、なんてダラダラとしていれば、あっと言う間に崖っぷちに立つことになるのです。

この様なお話をしている最中にも、すぐに消えて行く方は、耳をふさいで聞こえないふりをするんですね。

その様な方は、残念ながら、もうチャンスはありません。

しつこい様ですが、生き残れるチャンスのある方は、ダメな状況を変える努力と行動が出来る方だけです。

もしも今、このままではダメだと感じている場合は、どうぞ覚えておいてください。

ダメな状況を変えるための行動を早く起こすほど、生き残る可能性も上がり、成果が出るのも早くなります。

何度もお話ししておりますが、営業は、ダメなものをダメなまま続けても、ダメな結果にしかなりません。

このままでは続けられない、売れる様になる絵が見えないという場合には、こちらでお教えしていることを、丁寧に行って見てください。

きっと崖へ続く道からは抜け出せますよ。

行動が遅いほど、最悪のルートから抜け出すのは難しくなりますので、ご注意ください。