保険営業 飛び込みの恐怖心を取るには

今日は、多くの方がお悩みであろう、飛び込みの恐怖心について、お話しさせていただきます。

飛び込み初心者の方や、なかなか行動に移せないという方に、飛び込みが苦手だという理由をお聞きすると、ほとんどの方が、この様に答えます。

「怖い」

ということです。

緊張感から来る恐怖心であったり、断りに対しての恐怖心であったり、様々な恐怖心があるんですね。

また、過去にきつい断りを受けたことが、トラウマになっている方も多いでしょう。

この様な恐怖心ですが、取り除くには、まず慣れることが一番です。

頭で考えていても、行動に移さなければ、いつまで経っても恐怖心は消えません。

しかし、数をこなして来れば、恐怖心は必ず薄れて来ます。

営業の飛び込みも、高い所からプールに飛び込むのも、同じなんですね(笑)

最初は誰でも怖いのです。

しかし、回数を重ねるごとに、慣れて来て、恐怖心もなくなって来ます。

そして、恐怖心が無くなれば、今度は質を高めることに意識が行きます。

どうすれば、お客さんの関心が引けるだろうか?という様なことを考える余裕も出て来ます。

プールの飛び込みならば、一つ上の技を練習しようと思うわけです。

数をこなせば、恐怖心も取れ、質も上げられるんですね。

ですから、とにかく数をこなすことが大切なのです。

必ず今よりも、恐怖心はなくなりますから、安心して下さい(笑)

また、もう一つ頭に置いていただきたいことがあります。

「全ての方にご契約いただく必要はない」

「全ての方の関心を引く必要はない」

ということです。

分かりやすく言うと、難しいお客さんを攻略する必要はない、ということです。

例えば、「保険は要らない!もう来るな!」何て言うお客さんを、今後も追う必要はないということです。

そうですか、ありがとうございましたと、退いて来れば良いのです。

そして、次へ向かいます。

難しいお客さんと、今後も追うべきお客さんを分ける、という意識で活動しましょう。

強い断りをして来るお客さんとはもう会わない、という気持ちを持つだけで、随分と楽になりませんか?

モチベーションを下げてしまい、行動出来なるくらいならば、このくらいの気持ちの余裕を持つことは大切です。

そんなに怖がらなくても大丈夫ですよ。

もっと気を楽にして見ましょう(笑)

ただし、どの様な場合でも、礼節だけは守って下さいね。

こちらの記事も、併せてご覧になって見てください。