保険営業 飛び込みで話せるお客さんは増えてきたが、面談に進めない方は

今回は、新人さんや、なかなか飛び込みで結果の出ない方の、飛び込みでつまづきやすいポイントについて、お話しさせていただきます。

毎日飛び込みしていて、お客さんにも覚えていただけている様だが、どうもそこから一歩先に進めないでいる方も多いかと思います。

もしかしたら、あなたもそうではないでしょうか?

頑張っているんだけど、なぜか数字にならない・・・。

この様な方に多いのは、

「面談までのアプローチが弱い」

大抵はこの様なことです。

要は、「お話しさせてください」ということが切り出せないのです。

飛び込みでは、あなたを売ることが最も大切です。

そして、お客さんに情報提供したり、必要性を感じていただけるように誘導することが重要になります。

しかし、この様なことを行い、お客さんとの信頼関係が出来てきたとしても、実際にはお客さんから話を聞かせて欲しいというように切り出されることは多くありません。

こちらから切り出すことが必要になるのです。

簡単なイメージは、

「情報提供などで信頼関係構築」→「お客さんの関心が高くなってきた」→「面談アプローチ」→「面談アポ」

という流れです。

しかし、なかなか先に進めない方は、

「情報提供などで信頼関係構築」→「お客さんの関心が高くなってきた」→「情報提供」→「情報提供」・・・

ずっと情報提供を繰り返してしまいます。

既に十分アプローチ出来る状態でも、アプローチしないがために、先に進まないのです。

ですから、ある程度信頼関係が出来て、お客さんの関心が高くなってきたと感じたら、アプローチして見てください。

アプローチすると嫌がられるのではないか、今までの関係が崩れるのではないかと思う方もおられるでしょうが、そんなことはありません。

嫌がられるのは、無理に勧めるからです。

「もしお時間がございましたら、こちらについてちょっとお話しさせていただいてもよろしいでしょうか?」

「よろしければ、こちらについて今度お話しさせていただけませんか?」

この様なアプローチならば、嫌がられません。

興味があれば、聞かせてくれと言ってくれますし、まだ早ければ、断られるだけです。

断られても信頼関係は崩れません。

また情報提供を続けて、再度アプローチすれば良いだけです。

飛び込みで数字のあがらない方は、一歩踏み込んでみてください。

意外にすんなりと話が進むことも多いですからね。

なお、飛び込みでのファーストアプローチから、クロージングに至るまで、詳しく解説してあるのが、

こちらです。

飛び込みしたことのない方でも、飛び込みで数字があがらない方でも、最初から効率的で効果的な飛び込みが出来ます。

もちろん、非常に効果的なアプローチ話法も沢山詰め込んでありますよ。

どうせ飛び込みするのですから、しっかり結果の出る方法で飛び込みしませんか?