保険営業 飛び込みで成果の出ない方の特徴

● 保険営業 飛び込みで成果の出ない方の特徴

おはようございます、加藤です。

今日は、飛び込みで成果の出ない方の特徴を一つ、お話しさせていただきます。

まず、これまでも何度もお話ししてまいりましたが、飛び込みで成果を出せる方は、

・ 正しい方法で行動している

・ 継続して行動している

これが出来ています。

逆に、飛び込みで成果の出せない方は、ただ闇雲に行動し、計画性もないんですね。

そして、ほとんどの方が、

「単発的な活動になっている」

これが成果の出ない、大きな原因になっております。

よし!飛び込みしよう!と頑張るのですが、それに満足したり、やった感を持ってしまい、次の日は休みにしたり、1週間も間を空けてしまうなど、後に続かないのです。

そして、また思い出したように飛び込みし、またやらなくなってしまう。

結局1ヶ月でどれだけの軒数を回ったか考えると、ほんのわずかな軒数になってしまうのです。

飛び込みで大切なのは、継続することです。

一日1時間、50軒でも構いませんので、継続することが大切です。

その為には、習慣化してください。

例えば、毎日10時から11時半まで飛び込みすると決めて、実行して下さい。

それを1ヶ月も続ければ、習慣となって行動出来るようになります。

週に5日、1日50軒の飛び込みで、週に250軒。

その中で手応えのあるお客さんが10人出来た。

その中で契約まで進んだお客さんが3人。

これを1ヶ月で考えれば、それなりの数字になるでしょう。

この様な継続した活動で、数字をあげながら、紹介の元となるお客さんを増やして行きます。

単発だと、この様なお客さんの増え方にはなりませんから、紹介の元が少なく、新規も紹介も増えずに、当たる先もなくなって来るんですね。

ある程度お客さんが増えるまでは、飛び込みなどでお客さんを増やすことがメインとなりますから、習慣化し、継続出来るようにしてください。

習慣にしないと、天気が悪かったり、暑かったり寒かったり、気が乗らないと、どうしても逃げてしまいますからね。

こちらの記事も、併せてご覧になって見てください。

それでは今日も、頑張って行きましょう!