保険営業 飛び込みでも有効なアプローチ法

今回は、飛び込みでも有効なアプローチの方法を、一つお話しさせていただきます。

飛び込みでのアプローチは色々ありますが、多くの方は保険の見直しや、総合提案などをお勧めしたり、ご案内しているかと思います。

もちろん、商品自体を直接お勧めすることもあるかと思います。

大切なのは、どちらも無理強いしたり、売り込みしないことです。

何度もお話していることですが、大切なのは、売り込みではなく、あなたを覚えていただくことです。

「○○が欲しい!」→「あなたに連絡」

と思っていただける仕掛けが必要です。

この様な仕掛けをするには、見直しや総合提案が有効です。

ただ、もう一つ、別なアプローチが有効なこともあります。

それは、的を絞った、ターゲットを絞ったアプローチです。

例えば、

「今加入している保険の保険料が高くて、お悩みではありませんか?」

「がん保険が必要だと感じているが、どの様ながん保険が良いのか分からないとお悩みではありませんか?」

「更新の時期、または更新が近いが、どうすれば良いのかお困りではありませんか?」

「今の更新型の保険、このまま続けた方が良いのか迷っておられませんか?」

「プロの話が聞きたい!でもしつこい売り込みは嫌だ!という方はご連絡ください」

というように、的を絞ります。

手広くアプローチするのも良いのですが、的を絞り、お客さん自身に、「私のことだ!」と思っていただくと、お客さんの関心をグッと引けるのです。

何でもご相談くださいと言っても、何を相談して良いのか分からないという方も多いんですね

ですから、こちらから例を出してしまうのです。

このアプローチは使えますから、見直しや総合提案に織り交ぜながら、使ってみてください。

そして、さらに上の、お客さんに強く印象付け、あなたに連絡をくれる仕掛けやテクニックは、

こちらで詳しく解説しております。

折角飛び込みするのであれば、これでしっかりチャンスを掴む仕掛けをしてみてはいかがでしょうか?

ちょっと準備も必要ですから、今から取り掛かっていただければと思います。