保険営業 面談後、必ずこれを話してください。

今回は、お客さんとの面談の後、是非お話していただきたいことについて。

そのお話していただきたいこととは、

「私の話は、○○さんのお役に立てたでしょうか?」

という話です。

この一言、実は凄く便利で、使い勝手が良いのです。

その理由は、

・ 「はい」ならば、そのまま紹介をお願い出来る

・ 「いいえ」ならば、改善する姿勢を見せることで、印象を上げられる

からなんですね。

役に立ったと言っていただけた場合は、

「今回お話させていただいたことですが、○○さんと同じ様に、○○さんのご友人様にも、きっとお役立ていただける話だと思います。

私がお力になれそうなお知り合いを、是非ご紹介下さいませんか?」

この様な話で、紹介をお願いします。

役に立たなかったと言われた場合は、

「折角お時間を頂いたのに、お役に立てなくて申し訳ございません。

ただ、申し訳ございませんが、私は○○さんから、多くのことを勉強させていただけました。

本当に勉強になるお話を、ありがとうございます。

次回こそ、○○さんのお役に立てるようなお話が出来る様、努力いたしますので、是非またお話させてください。」

この様な話をします。

お客さんは、自分の話が営業に褒められて、気分が良いですし、熱心で誠実な営業だという印象を与えられます。

つまり、「私の話は、○○さんのお役に立てたでしょうか?」という話は、答が「はい」でも「いいえ」でも、損をしない一言なのです。

ですから、面談の後には、必ずこの話しをしていただきたいんですね。

たった一言加えるだけで、大きなチャンスになる場合も多いですから、是非使って見て下さい。

この様な小技はもちろん、一気にお客さんと親しくなる様な、一気にあなたの印象を上げるような、トップセールスの使う、秘密の営業術は、

このマニュアルに詰め込まれております。

一生使える超実戦型営業術ですから、ご興味のある方は覗いてみてください。

しっかり実践すれば、短期間でも違いを実感出来ますよ。