保険営業 面談では出来るだけ〇〇で聞いていただいて下さい。

今日は、面談でのポイントの一つについて、お話しさせていただきます。

面談では出来るだけ〇〇で聞いていただいて下さい。

というタイトルの〇〇ですが、

「ご夫婦」

が入ります。

面談では、出来るだけご夫婦で話を聞いていただいて下さい。

例えば、この様な場合も多いかと思います。

「保険は主人(妻)に任せているから、主人(妻)と話してよ」

結構この様なご夫婦は多いものです(笑)

その場合、当然メインは主権者のどちらかとお話を進めるのですが、可能ならば、ご夫婦で聞いていただきたいのです。

どちらか一方ではなく、ご夫婦で考えて加入していただいた方が、ずっと満足感が上がるのです。

任せっきりで私は分からないというのでは、やはり不安もありますし、満足は出来ませんからね。

そして、どちらかに任せているというご夫婦に多いのは、「面倒だから」ということが原因になっていることが多いのです。

しかし、面倒ではあるが一度話を聞いて見ると、色々と要望などもありますし、こちらが良い、あちらが良いなどという思いも出てくるものなのです(笑)

ご夫婦で参加していただけると、「私はこっちが良いと思う」「私もこっちかな?」なんて、知らず知らずに入り込んで、ご夫婦で話が進んで行くこともよくあります。

その様なことを考えながら、ご夫婦で選び、決めていただけると、グッと満足感が上がります。

保険は個人のものではなく、夫婦、家族のものでもありますから、皆さんで納得し、満足していただくことが大切です。

満足感は、追加契約や紹介率に大きく係って来ますからね。

ご夫婦で話を聞いていただく場合ですが、予め、

「〇〇さんご夫婦にご満足いただくためにも、出来ればご主人様(奥様)にもお話を聞いていただきたいのですが~」

という様にお話ししても良いですし、面談の場でご主人さんや奥さんが近くにおられる場合には、

「保険はご自身だけではなく、大切な奥様(ご主人様、ご家族様)のためでもありますから、お差し支えなければ奥様(ご主人様)も一緒にお話を聞いていただき、最適な保険を組み立てませんか?」

この様な話をして、参加していただきましょう。

もちろん無理強いは出来ませんが、結構一緒に聞いて下さる方は多いですよ。

面談の際は、出来るだけご夫婦で参加していただくことを意識して下さい。