保険営業 面談でお客さんに集中していただき、強く印象付けるコツ

今回は、面談でお客さんに集中していただき、強く印象付けるコツについて、お話しさせていただきます。

面談で、お客さんに必要性を感じていただくお話をしたり、商品、プランのポイントを説明したりする場合に、とても有効なのが、

「これがもの凄く大切なのですが~」

「これを是非覚えて置いていただきたいのですが~」

「ここにご注目いただきたいのですが~」

と言うような、「前振り」をいれることです。

前振りを入れ、話を続けることで、お客さんに集中していただき、さらに、強く印象付ける効果があります。

例えば、これを考えてみてください。

1、「○○は、○○なのです。これが大切なんですね」

2、「これが大切なので、覚えて置いていただければと思います。○○は、○○なのです。」

どちらが「なになに?」となって、印象に残りますか?

恐らく後者が印象に残ると思います。

これをお客さんとの会話の中に織り交ぜると、あなたの話したい大切なことを、しっかりお客さんに伝えることが出来ます。

これは簡単ですが、面談でも、飛び込みでも、文章にする場合でも効果的ですから、是非使ってみてください。

この様なちょっとしたテクニックはもちろん、さらに有効な実戦型の営業テクニックは、こちらで沢山ご紹介しております。

すぐに使えるテクニックが一杯ですから、変化を実感して下さい。