保険営業 重要!飛び込み苦手意識は、これで大きく変わります。

今日は、飛び込みに苦手意識をお持ちの方に、よく頭に入れていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

飛び込みに苦手意識を持っている方は多いと思います。

飛び込みと聞いただけで、胃が痛くなり、気持ちが滅入ってしまう。

それだけ飛び込みは、精神的にも辛い活動になってしまっているのです。

事実、保険営業を始めた方の多くは、この飛び込みで挫折し、見込み客が増えずに辞めて行きます。

その様な方々の頭には、「飛び込みは売れない」という考えが強くあります。

「飛び込み」=「売れない辛い活動」

となってしまっているので、活動自体が嫌々なのです。

嫌々飛び込みをしても、上手く行きません。

お客さんは、あなたの気持ちや、あなたの出している雰囲気を敏感に察知します。

誰も、覇気なく嫌々活動している営業の話など、聞きたくないんですね。

しかし、だからと言って、飛び込みを好きになれ何て言っても、好きにはなりません(笑)

飛び込みを克服するには、

「飛び込み」=「売れる」

という頭にしなければなりません。

結果が出れば、辛くても継続出来るようになります。

飛び込みで結果を出せるという自信がつくと、逆に飛び込みは楽しくなってきます。

この自信をつけるためには、成功を積み重ねる以外ありません。

新人さんの研修でも、最初は疑心暗鬼で飛び込みしますが、1件の契約をいただくと、そこから大きく変わります。

さらに2件目、3件目と契約をいただくと、飛び込みで契約は挙がるということが、確信に変わります。

多くの方は、この自信をつける前に、辞めてしまうんですね。

今飛び込みが苦手な方は、まずは1本契約をいただくことに集中してください。

そのたった1本の契約が、大きな自信になり、大きく変わる切っ掛けになります。

次回の飛び込みで、その大きなチャンスが掴めるかも知れませんよ?

ただし、闇雲に飛び込みして結果が出るほど甘いものではありません。

結果を出せるのは、「正しい方法」で活動された方です。

こちらはその良い例ですね。

飛び込みは売れない何て頭、もう全くないと思いますよ(笑)