保険営業 重要!飛び込み嫌いを改善するには、これが必要です。

私は新人さんの研修の他にも、売れずに悩んでいる方を集めての研修も、たまに行います。

そんな研修でいただく質問や相談でも多いのは、飛び込み営業についてです。

それだけ苦手としている方は、多いんですね。

飛び込みの方法についての相談よりも、苦手で行動出来ないという相談の方が、多いです。

飛び込みが嫌い、嫌だという理由の一つが、「お客さんに断られる辛さ」でしょう。

営業側は、こんなに良い商品ですよ、こんなに良いサービスですよ、こんなメリットがありますよ、という様に、お客さんにプラスになる話をしようとしているのに、すぐに「結構です!」なんて断られる。

この断りが続くと、飛び込み何てやっていても、無駄なんじゃないの?という思いが出て来ます。

この思いが出て来ると、どんどん足が前に出なくなります。

半ば諦めながら、数だけをこなす飛び込みになるんですね。

この営業側の気持ちを、お客さんは敏感に察知します。

覇気なく、嫌々飛び込みしているような営業の話、誰も聞きたいと思いませんよ。

飛び込みは、モチベーションが下がると、どんどん悪い流れになってしまいます。

ですから、モチベーションの維持は、非常に大切なんですね。

では、この飛び込み嫌いはどの様にすれば、改善出来るのか。

成功を重ねるしかありません。

単純な話、いくら頑張っても結果が出ないのならば、全くやり甲斐も面白さも感じませんが、手応えがあり、成果が出ると、やり甲斐が出るのです。

結果が出ないうちは面白くありませんが、結果が出るようになると、面白くなるんですね。

多くの方は、この成果が出る前に足を止めてしまうので、苦手意識しか残らないのです。

話を聞いてくれる方が出た、次回訪問させていただける方が出た、名前を呼んでくれる方が出た、ありがとう、ご苦労様と声を掛けてくれる方が出た。

これだけでも、ちょっとした進歩、成果です。

さらに、興味を持ってくれた、資料を受け取ってくれた、面談のアポをいただけた、ご契約いただけた、という様になれば、確かな手応えというものを感じることが出来て、自信にも変わります。

「飛び込みから成果は出る」という頭になれば、大変でも飛び込みは続けられます。

労力に見合う成果が出れば、大変さよりも、やり甲斐や面白さが上回りますので、どんどん足が前に出るようになります。

ですから、ちょっと手を出してダメだったと諦めずに、まずは小さな成果でも結構ですので、積み上げて行きましょう。

1件ご契約いただいただけでも、飛び込みの苦手意識は、大きく変わりますよ。

こちらがその良い例です。

自信がつくと、飛び込みは宝探しの様で、楽しいものですよ(笑)