保険営業 重要!飛び込み営業で最初に考えるべきこと

今回は、飛び込みする上で、まず考えなければならないことについて、お話しさせていただきます。

よく、飛び込みの範囲設定や再訪間隔についてのご質問をいただきます。

以前、この記事でも書きましたが、飛び込みで大切なのは、

・ 定期的に行う

・ 継続的に行う

「程よい間隔で、継続して何度も顔を出す」

ということです。

あまりに範囲を広げすぎては、2度目の訪問までに時間が空きすぎるのです。

一生懸命頑張る気持ちは素晴らしいのですが、行動と効率にロスが出てしまいますので、勿体ないのです。

まずは2周目、3周目と、適度な間隔でまわれる範囲と軒数を設定してください。

集中的に飛び込みするのならば、3~5日スパンで再訪出来るくらいがちょうど良いですね。

その為には、あなたの飛び込みを行う時間や、まわり切れる範囲などを、把握する必要があります。

飛び込みは、まわり切れないほど範囲を広げて、軒数を増やせば数字があがるわけではありません。

大切なのは、活動量と質なのです。

まわり切れないほどの範囲で活動=活動量が多い=数字があがる、と言う事ではないですから注意してください。

範囲が狭くても、軒数が少なくても、活動量と質を上げれば数字はあがります。

その良い例が、こちらです。