保険営業 重要!新人さんも必ずこれを習慣にしてください。

昨日は13証券のご契約をいただくことが出来ました。

この位のまとまった証券数になると、戻ってからの処理も大変です・・・。

しかし、お蔭で4月の目標達成も、グッと楽になりました。

有難いことです。

この様なまとまったお申し込みになると、頭の中が混乱してしまうことがあります。

ご主人様に記入していただく書類はこれとこれで~、奥様がこれとこれで~、お子様の書類はご主人様にご記入いただいて~・・・。

しかも、記入していただく書類は、1つのご契約につき、2、3枚は必要になりますし、我々が作らなければならない書類も出て来ますので、慣れないうちは、頭は大混乱です(笑)

この様な状況になってしまうと、いざお客さんのお宅でご記入いただくとなった場合、ミスが出やすくなります。

記入していただく、お客さんの自署が必要な個所の漏れや、記入いただく書類を忘れるなど、とにかく不備が多くなります。

端末を使ったお申し込みなどは不備も少ないですが、紙の申込書などは、特に注意が必要になります。

この様なことを防ぐためには、付箋やメモを利用しましょう。

事前に、お客さんにご記入いただく箇所に、付箋を貼っておきます。

記入したら剥がしていただき、剥がしながら書き進めていただければ、記入漏れを防げます。

そして、お客さんに書いていただく書類を、予めメモしておきます。

そして、書類をいただいたら、チェックを入れておけば、書類漏れも防げます。

いずれにしても、その場で慌てない、パニックにならないように、予め準備しておくことが大切です。

折角お客さんに信頼していただいたのに、つまらないミスのせいで、

「○○さんは一生懸命で良い人なんだけど、どこか抜けているんだよな・・・」

なんて思われてしまっては、もったいないですからね(笑)

事前に準備しておき、極力不備は出ないようにしましょう。

ちなみに付箋を貼る方法ですが、遠方のお客さんとの郵送での書類のやり取りでも有効ですよ。

「ご記入いただく箇所に付箋を貼っておきましたので、剥がしながら書き進めてください」

という手紙やメモを入れておくと、お客さんも迷いませんし、分かりやすかったと喜んでいただけますよ。