保険営業 重要!大きなトラブルにならないよう、習慣にしてください。

昨日いただいたご契約で、今月の目標も達成出来ました。

思いのほか早めに達成出来ましたので、気分的に楽ですね(笑)

有難いことに、今月はこの後も、面談などの予定が詰まっております。

どこまで上乗せ出来るか、楽しみです。

忙しくなってくると、どうしてもミスというものは増えやすくなります。

その中でも、「忘れる」ということが、多くなってしまいます。

これもしないと、あれもしないと、何てやっているうちに、忘れてしまうことって、多いんですよね。

最悪なのは、お客さんとの約束を忘れてしまうことです。

面談の約束を忘れたり、お届けする書類を忘れたり、お預かりした申込書の処理を忘れていたり、などなど。

この様なことは、お客さんにご迷惑をお掛けし、信頼を一気に失います。

どんなに人として気に入っていただけていても、この様な仕事が出来ていない営業さんは、ダメの烙印を押されます。

ですから、絶対にお客さんとの約束は、忘れてはいけません。

この様なミスをなくすためには、必ず「メモする」ということを、習慣にしましょう。

これは、当たり前のことですよね。

しかし、この当たり前が出来ていない方は、思いのほか多いのです。

面談などの重要な約束はメモするが、例えばお預かりした申込書の処理などは、メモしないんですね。

ちょっとした手続きなども、メモしないのです。

ですから、「この前お願いした手続き、もうやっていただけましたか?」なんて言われ、ハッと思い出すんですね。

申込書の処理忘れなんて、大問題になります。

大きなトラブルにならないようにするためにも、必ずメモを取る習慣をつけてください。

また、メモを取るのは、他にもこの様な効果があります。