保険営業 重要!医療保険のみの契約で終わる方は

今日は、医療保険の契約はいただけるが、がん保険、死亡保険などを複合でご契約いただけないという方に、しっかり頭に置いていただきたいことです。

ご存知のように、医療保険というものは、それほど大きな数字にはなりません。

特にお客さんの年齢が若ければ若いほど、保険料はとても安くなります。

ですから、医療保険と併せて、がんや死亡、年金などの商品もご検討いただくということを、意識しなければなりません。

医療保険単品で終わってしまう方には、色々理由があります。

その中でも多いのは、

・ お客さんの希望する商品だけで、自分の提案が出来ていない

・ リスクをイメージさせられない

というものです。

例えば、お客さんが医療保険に入りたいと思っている。

何となく不安を感じるから、取り合えず何か医療保険に入っておこう、という方は多いですからね。

だから医療保険についてご説明し、ご契約いただいた。

そこで終わりなんですね。

そこから、がん保険や死亡保険なども大切なんですよ、というお話が出来ていないのです。

医療保険が欲しいと言われたら、医療保険だけで終わってしまう。

お客さんのニーズを聞くことは、もちろん大切です。

しかし、同時に他のリスクにも気づいていただく事も大切なんですね。

がん保険を同時に提案するならば、がんに罹ったら多額の自己負担がかかってしまう場合も多い。

これは医療保険でカバーしきれないというお話や、そのがんに罹る方は、これだけ多いんですよというお話をして、身近な病気で、目の前にある大きなリスクだと気づいていただく。

さらに、自分や家族ががんに罹ってしまった場合、生活がどうなるのかを、しっかりイメージしていただく。

この様にしながら、リスクイメージを明確にしていくんですね。

イメージが明確になり、必要性を感じていただければ、複合契約に繋がる可能性はグッと上がります。

死亡保険も同じですね。

常に複合で提案するという意識を持ってください。

ただし、お客さんにあまり必要のないような保険や、お客さんの不利益になるようなことは、絶対にしないで下さいね。

あくまでも、お客さんのためにするということを、忘れないで下さい。