保険営業 重要!力の付くロープレのポイント

● 保険営業 重要!力の付くロープレのポイント

おはようございます、加藤です。

今日は、恐らく新人さんも今頑張っている、ロープレについて、お話しさせていただきます。

お客さんとの会話のやり取りなどを想定し、練習するロープレですが、非常に重要なトレーニングです。

いざお客さんの前に出て話すとなると、慣れないうちは緊張してしまい、伝えなければならないことも伝えられず、お客さんも、何を言われているのか分からなかった、何てことになってしまいがちです。

ロープレで反復して練習しておけば、ある程度スムーズな会話と応対が出来るようになります。

このロープレですが、最初は少ないシナリオで結構ですが、いつまでもワンパターンにならないように、ご注意ください。

多くの場合、最初はアプローチや切り返しも、営業側に都合の良い展開になるシナリオでしょう。

しかし、実際に現場に出れば、そんなに上手く事が運ぶとは限りません。

必ずしも良い流れで会話が進むわけではないんですね。

「そうではないですか?」→「そうですね」ばかりではなく、「そうではないですか?」→「そうは思いません」というパターンも練習して下さい。

その様なパターンも練習しておかないと、全く切り返せなくなってしまいます。

それこそ頭が真っ白になってしまいますよ(笑)

良いパターンも悪いパターンも想定し、練習することで、力が付きます。

少しずつ、シナリオ、パターンを増やして下さい。

お客さん役の方を、パターン別に数人用意しておくと良いですね。

また、これも力が付くのですが、実際に色々な方の経験したことを、ロープレに組み込んで、皆さんで共有するのです。

「先日お会いしたお客さんとの会話なんですけど、こんな会話になりました。

皆さんならどう話を進めるかを聞かせて下さい」

という様に、色々な話を聞いて、皆さんで改良して行くのです。

これは私の研修でもよくやりますが、力になりますよ。

新人さんも、出来るだけ多くのアプローチや切り返しを身につけてください。

アプローチも切り返しも、あなたの武器です。

こちらでは、アプローチ話法も切り返し話法も、沢山お教えしておりますよ。

それでは今日も、頑張って行きましょう!