保険営業 重要!保険営業という仕事で、本気で食べて行く気がありますか?

今日は、これから保険営業という仕事に就こうという方、これからも保険営業という仕事を続けたいという方に、真剣に考えていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

先月、先々月と目標達成出来なかった方も、しっかり考えていただければと思います。

保険営業という仕事は、入り口はもの凄く広い仕事です。

やろうと思えば、すぐに誰でも始められます。

求人募集も代理店募集も、いつでも目にすることが出来ます。

中には、「子育ての合間に出来ますよ」「自分の好きな時間を使って出来ますよ」「こんなに稼げますよ」という様な触れ込みも見ます。

確かに営業という仕事は、自分で時間の調整をすることはしやすいでしょう。

しかし、当たり前ですが、売れなければ食べて行けません。

逆に言えば、「好きな時に好きな様にやって、売れるんならそれでも良いよ?」ということです。

もっと言えば、「それで数字があげられるのなら、好きなようにやれば良いよ」ということです。

自分で労働時間、労力を決められるという自由があると言うことは、収入も全て自己責任ということです。

耳触りの良いキャッチコピーに釣られて始める方が多いので、すぐに辞める方も多いんですね。

保険営業という仕事は、決して楽な仕事ではありません。

本気で食べて行く、売れる営業になるという思いがあるのならば、本気で取り組むしかありません。

これまでも何度もお話ししておりますが、中途半端な気持ちと数字では、続けられない仕事です。

また、歩合色の強い仕事ですから、数字があがれば収入も上がりますから楽しく、やり甲斐も感じます。

しかし、売れなければ、これほど精神的に辛い仕事も無いと思えるでしょう。

これも、保険営業という仕事は楽しいという方と、辛いだけだという方で、キッパリと分かれる理由です。

ですから、真剣に考えてください。

これから先、このまま保険営業という仕事を続けられますか?

年明けに決意し、計画したことが、順調に進んでいますか?

先月、先々月と、目標は達成出来ましたか?

もしも達成出来ていなかったのならば、改善策はありますか?

これらの問題が解決していない、解決策もないというのであれば、恐らく今月も落とします。

そして、近い将来、辞めて行くことになります。

本気で食べて行くという気持ちがあるのならば、本気で向かい合い、取り組んでください。

中途半端な気持ちと仕事では、信用して任せて下さったお客さんを裏切ることになりますからね。

不安がらせる様なお話しになってしまい、申し訳ございません。

ただ、これは現実的な問題ですし、本当に大切なことなのです。

もちろん、保険営業という仕事は、お客さんのためになる、責任とやり甲斐のある仕事です。

売れればその見返りとして、収入も上がります。

売れれば売れただけ収入も上がるというのは、保険営業の大きな魅力ですからね。

「保険営業は自分に合っている」と思えるように、労力に結果が伴う活動をして下さい。