保険営業 重要!プランニングで満足感を上げる2つのポイント

今日は、お客さんに保険のプランニングをする際に大切な、お客さんの満足感を上げるポイントについて、お話しさせていただきます。

まず、プランニングする際に、最も重要になるのは、

「お客さんの話、要望などをしっかり聞くこと」

です。

成約率が低い方ほど、お客さんの話を聞かず、自分のお勧めプランを話し始めます。

これは、最終的には同じプランをご案内したとしても、満足感が全く違います。

お客さんからすれば、自分の要望が取り入れられておらず、営業に都合の良いプランを勧められたという思いが出るのです。

ですから、本当にこの保険で良いのか?という思いがついて回るのです。

しかし、よく話を聞いてくれた上での提案ならば、自分の持つ不安などを解消出来る保険で、自分に合ったものという思いが出ますので、満足感が高いんですね。

分かりやすい例を挙げると、あなたは熱があり、お腹が痛くて、せきが止まらない。

風邪かな?と思いつつ、お医者さんに行きました。

お医者さんに「熱があって~」と伝えたら、「風邪ですね、お薬出しておきます」と言われ、診察終了。

あなたは他にも気になる症状があり、その薬も欲しいと思っていたはずです。

しかし、ろくに話も聞かないうちに、「はい、風邪です、はい、これが薬です」と言われたのです。

もうこの医者にはかからないでしょう(笑)

結局もらう薬は同じかもしれませんが、納得していませんので、満足もしていない。

もちろん、このお医者さんを信頼も出来ません。

ですから、次はないんですね。

そして、もう一つ大切なポイントがあります。

「専門家としてのあなたの意見を、しっかり伝える」

ということです。

お客さんの話をしっかり聞いた上で、あなたのプロとしての考え、意見をしっかり伝え、提案して下さい。

お客さんは、ほとんどの場合、保険の素人です。

自分で自分に最適な保険を選ぶのは、実は難しいことなんですね。

ですから、専門家がしっかり話を聞いてくれた上で、専門家の考えの入った保険を提案して欲しいんですね。

必ず、なぜその保険を勧めるのか、理由をお話しして下さい。

これもお医者さんと一緒です。

病気や症状の原因、どういう症状に効く薬なのかを、しっかり説明してくれれば、とても安心ですし、信頼出来るんですね。

この2つが揃っていないと、お客さんの満足感は上がりません。

しかし、しっかり満足していただけたのならば、長く継続していただける様になります。

もちろん、保険だけでなく、あなた自身に満足していただければ、追加契約や紹介率も大きく上がります。

面談まで進むが、成約率が低いという方は、この2つが出来ているかを振り返って見てくださいね。

また、これもお客さんの満足感を上げるプランニングテクニックです。