保険営業 重要!これを考えるだけで営業活動は大きく改善します。

今日は、基本ですが、習慣にすることで営業活動が大きく改善する、大切なポイントについて、お話しさせていただきます。

保険営業をしている方々から、この様な話を聞くことが多いです。

「お客さんに嫌がられて辛いです」

というもの。

これは、初対面の場合、ある程度は仕方ないところがあります。

残念ながら、保険営業と聞いただけで、拒絶反応を示す方が多いのも事実です。

それだけ、お客さんに嫌がられる営業をしてきた方々が、過去大勢いたということです。

これは、保険会社自体にも大きな責任があります。

どんどん営業を増やし、ろくに教育もせず、ただ契約を取って来いと外に出す。

そしてノルマをかけ、数字ばかりを追わせ、無理に売り込むような営業ばかりする。

保険営業に良いイメージを持たないというのは、その様なことのツケでしょう。

本当にお客さんのことを思い、真剣に、まじめに活動している方々にとっては、本当に迷惑でしょう。

残念ですが、それが現状です。

しかし、お客さんの持つイメージを変えることは出来ます。

「なんだ、保険屋さんにもこんな人がいるんだね」と、思っていただければ良いのです。

この様に思っていただくには、

「お客さんの嫌がることをせず、喜んでいただけることをする」

ということが必要になります。

お客さんの持つ、保険屋に対しての悪いイメージの逆をするということです。

もちろん、売り込みなどは一切しません。

徹底的に、お客さんに喜んでいただけること、役に立つこと、自分に好感を持っていただくことを考え、行います。

その際に大切なポイントは、

「必ずお客さんの立場に立って考える」

ということです。

自分がお客さんならば、何をされれば嫌で、何をしてもらえば嬉しいだろう?好感を持つだろう?ということを、考えてください。

あなたがされて嫌なことは、お客さんも嫌なのです。

あなたがされて嬉しいこと、好感を持つことは、お客さんも嬉しくて、好感を持つものなのです。

そう考えると、行うべきことが見えて来るはずです。

例えば、職域活動で考えて見ましょう。

社員さんがお昼休みでご飯を食べている時に、ズカズカと上がこみ、横で興味のないものの話を押しつけがましく話していたら、どう思うでしょうか?

次回はその営業を見ただけで、避けようとしますよね?

間違ってもこの営業の話を聞いて見よう、担当してもらおうとは思わないはずです。

それどころか、怒りすら覚えるでしょう(笑)

こんなことをする営業は、実は多いんですね。

しかし、「○○さん、いつもありがとうございます。よろしければお時間のある時にご覧ください」という様に、笑顔で話しかかけられ、チラシなどを渡されるだけならば、嫌な気分にはならないでしょう。

お渡しするチラシに、「お力になれることがございましたら、いつでもお声がけ下さい」という様なことを書いておけば、関心が出た場合や、必要だと感じた場合には、声をかけてくださいます。

その必要性を育て、あなたを覚えていただくために、何度も訪問するんですね。

挨拶だけして、笑顔でチラシだけを置いて来れば、何度訪問しても嫌がられません。

逆に、いつも元気に爽やかで、好感を持っていただける様に、意識してみましょう。

「○○さん、いつもご苦労様」何て声をかけていただける様にもなります。

この様な活動も、お客さんの立場になれば、分かって来るものです。

基本ですが、何をするにも、必ずお客さんの立場に立って考えるということを、習慣にしてください。

活動の質が、大きく変わりますよ。

こちらの記事も、非常に大切なことですから、併せてご覧になって見てください。