保険営業 重要!これを目標に活動して下さい。

今日は、新人さんにもしっかり頭に置いていただきたい、営業の大切な基本について、お話しさせていただきます。

我々営業の活動の目標は、「ご契約いただくこと」です。

そして、保険営業の場合、そこから「紹介をいただく」

どんどんその連鎖を作って行くことが、最終的な目標になります。

しかし、目標は契約をいただくことですが、気を付けなければならないことがあります。

「契約を意識しすぎて、活動が売り込みになっていないか?」

ということです。

例えば、あなたの友人にアプローチする場合を考えて見ましょう。

売れない営業さん、嫌われる営業さんは、この様なアプローチをします。

「良い保険があるんだけど、君たち家族に最適な保険を組めると思うから、一度話を聞いてくれないかな?

今度見積もりを作って行くから、家族の誕生日を教えてよ」

この様な話です。

頼んでもいないのに、グイグイ話を進めて来る(笑)

嫌がられて当たり前です。

こんなアプローチを、色々なところでして回るんですね。

飛び込みなどでも、同じように嫌がられてしまいます。

わざわざ嫌がられることを、自分からしているんですね。

当たり前ですが、お客さんが育つわけがありません。

この様な活動を続けていても、絶対に上手く行きません。

では、どの様なことを目標に活動するのか。

「聞きたい時に気軽に聞ける営業」

これを目指してください。

「さあ、保険の話を聞いて下さい!」という意識を横に置いて、「何かお力になれることがありましたら、いつでもお声がけ下さい」ということを意識し、お話しして下さい。

売り込みになってしまっては、お客さんに嫌がられ、断られれば、再度アプローチ出来なくなります。

また売り込まれるという思いがあれば、必ず断ろうとしますからね。

そこで繋がりは切れてしまうわけです。

そうではなく、いつでも気軽に、相談したい時に相談出来る営業だと思っていただき、警戒心を持たれないようにします。

嫌がられず、警戒されなければ、気軽にお話し出来るようになります。

何度もアプローチ出来ますから、繋がりが切れないのです。

情報提供しながら、少しずつお客さんを育てて行くことが出来ます。

この様な活動が、お客さんを増やし、数字をあげ、紹介をいただくための基本になります。

保険営業で大切なのは、お客さんとの「接触回数」です。

繋がりを切らずに、何度も接触出来るようにしましょう。

そのためには、嫌がられないことが大前提です。

契約いただくことに意識が向き過ぎ、売り込みになってしまうと逆効果ですから、十分ご注意いただければと思います。

そうは言っても、どの様な活動をすれば良いのか分からない。

どの様なアプローチをすれば良いのか分からない。

その様な場合は、私が書き上げたマニュアルをお役立てください。

効率的で効果的なアプローチ、お客さんの育て方、紹介をいただく方法まで、全て詰め込んであります。

もちろん飛び込みでのアプローチなども、余すことなくお教えいたします。

なかなかお客さんが増えない、結果が出ないという方の大きな力になります。

もちろん、私も実際に行っているノウハウですから、自信を持ってお勧め出来ます。

私の営業ノウハウを詰め込んだ、超実戦型の保険営業術は、こちらです。