保険営業 重要!これをしっかり考えて下さい。

新人さんも、そろそろベースも少なくなって、見込み客、当たる先の開拓で忙しくなって来ているのではないでしょうか?

以前からお話しているように、ベースが枯渇してから白地開拓しても、安定した数字をあげるのは難しくなります。

例えば、お米を作るには、秋の収穫に向け、春、夏、冬は、育成や様々な作業、準備をします。

秋の収穫の時に、大きな成果を出せば良いわけです。

しかし、営業は、秋だけではなく、毎月数字をあげなければなりません。

ですから、種まきと育成、収穫を同時に行わなければならないんですね。

今月は見込み客を探して、来月はお客さんを育て、再来月に刈り取りして~というわけには行きません。

ベースが枯渇してから見込み客を探し、育てていたのでは、その期間の数字がガタガタになります。

もしも今、種まきと育成が順調に出来ていないという方は、しっかり対策を立てる必要があります。

そして、これが非常に大切な事なのですが、

「必ず将来を見据えた行動と、計画を立ててください」

目先のお客さんや数字ばかりを追ってしまい、将来、長いスパンでの目標や計画がないと、上手く行きません。

ベースばかり追ってしまい、種まきも育成もしていなかったというのも、失敗してしまう典型的な例です。

必ず、半年先、1年先、3年先などを考えて、計画や目標を立ててください。

そして、厳しいようですが、これも覚えて置いてください。

「ダメなまま続けてもダメなままです」

営業は、根性論や精神論だけで上手く行くほど甘いものではありません。

残念ながら、頑張れば売れるというものではないのです。

大切なのは、

「正しい(売れる)方法で、継続して活動する」

ということです。

いくら頑張っても、方法が間違っていれば、上手く行きません。

いくら優れた方法を知っていても、活動しなければ、上手く行きません。

正しい方法と行動、両方が欠かせないんですね。

保険営業は、ダラダラと続けられる仕事ではありません。

今上手く行っていないのならば、何かを変えなければ、将来も上手く行きません。

しっかり目標と計画を立てて、正しい方法で、継続して活動してくださいね。

方法を変えるだけで大きく成果が変わる事例は、こんなにあるものですよ。