● 保険営業 重要!がん保険をご契約いただけない方は、これが出来ていません。

おはようございます、加藤です。

今日は、がん保険のご契約がいただけないという方に、しっかり頭に置いていただきたい大切なことについて、お話しさせていただきます。

たまに、この様なご相談をいただきます。

「私は医療保険は売れるのですが、がん保険が売れずに困っております」

というものです。

この様なお悩みをお持ちの方は、結構多いかもしれませんね。

医療保険はそれなりに売れるが、がん保険は売れない。

この原因は、

「しっかりリスクについて理解していただけていない」

ということです。

がん保険よりも医療保険が売れるというのは、保障範囲の広さが大きな要因です。

がんしか保障されないがん保険よりも、ほとんどの病気やケガが保障される医療保険の方が使い道がある、という様な気持ちが、お客さんにあるんですね。

また、何かあった時のために、お守り代わりとして医療保険に入っておこうという方も多いものです。

しかし、がん保険はお守りにならないという思いがあるのです。

簡単に言ってしまうと、自分はがんに罹らないという根拠のない自信と、罹りたくない、罹った時を想像したくないという思いから、現実から目を逸らしてしまうんですね。

そして、医療保険に入っていれば、がん保険は要らないだろうという思いもあります。

がん保険をご検討いただくには、これらの気持ち、考えを変えて行く必要があるのです。

その際に、お客さんに印象付け、考えていただくためのポイントが、

・ がんに罹った際の、精神的負担と、金銭的な負担の大きさ

・ 他人事ではなく、自分事への転換

です。

高額療養費制度を含め、一般的に負担がそう重くない、がん以外の病気に対応する保障よりも、負担の大きながんに対する備えが大切だということを、お客さんに考えていただきます。

また、治療費だけではなく、収入の減少などについても、考えていただきましょう。

併せて、その様な大きな負担が圧し掛かってしまうがんは、非常に身近な病気だということを、真剣に考えていただきます。

この二つを印象付け、真剣に考えていただけないと、がん保険は重要だと思わないのです。

重要だと思わなければ、当然必要性を感じませんから、ご契約いただけないんですね。

また、ただ何となく、医療保険などを、お守り代わりに加入していただいただけですと、お客さんの「納得」が上がりません。

「納得」が上がらないと、「満足」しません。

満足しなければ、紹介などもいただけなくなります。

自分が満足していないものを、誰かに紹介したりしませんからね。

この満足は、商品もそうですが、何よりも納得する説明をしてくれた、営業に対する満足です。

その保険が必要な理由をしっかりご理解いただいて、納得して加入していただきましょう。

これは、がん保険に限らず、例えば三大疾病に対する保険なども同じですよ。

がん保険が思う様に売れないという方は、ご自身のアプローチなどを振り返って見てくださいね。

ちなみにこちらは、非常に有効ながん保険のアプローチ話法ですから、ぜひ使って見てください。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.