保険営業 重要!お客さんへの資料は、送っただけではいけません。

今回は、お客さんへ資料をお送りする際の大切なポイントを一つ、お話しさせていただきます。

例えば、この様なことをお申し付けいただくことがあるかと思います。

「○○保険の資料を送っていただけませんか?」ということです。

または、こちらから資料をお送りし、アプローチするということも多いですよね。

この様な場合、ただ資料をお送りして、そのままにしてしまう方がおります。

これ、チャンスが広がらなくなりますから、注意が必要です。

資料をお送りしたら、ただ送っただけではなく、後日必ず連絡を入れてください。

例えば、

「先日お送りいたしました資料ですが、ご不明な点などはございませんでしたか?

もしよろしければ、もう少し詳しいお話などさせていただければと思います」

この様なお話をし、次に繋げましょう。

関心があると感じたのならば、その場でアポ取りします。

もう少し考えたいという場合ならば、

「それでは何かご不明な点がおありの際や、詳しい説明などをご希望の際には、お気軽にご連絡ください。

またご連絡させていただきます」

この様にサラッと引き、次に繋げる一言を加えておきます。

この様な連絡をしないと、お客さんの熱が冷めて来てしまうんですね。

優先順位が下がって来て、後回しになってしまうのです。

連絡を入れることで、冷める前に話を進めやすくなりますし、仮に資料を見ていただけていなくても、連絡を入れることで、「見ておかなければ」という思いが出て来るのです。

資料を送りっ放しにしてしまうと、そのまま放置されることもありますから、必ず「資料送付」「連絡」の二段構えで考えてくださいね。

チャンスの広がり方に、大きな差が出ますよ。