保険営業 重要!「話を聞いて下さい!」では聞いてくれません

今日は、見込み客を育てる際に意識すべき、大切なことについて、お話しさせていただきます。

これまで何度もお話しして来ましたが、お客さんが最も嫌がるのは、必要だと思わないもの、興味のないものを、しつこく売り込まれることです。

興味のないものについて、いくら話を聞いて下さいとお願いしても、興味がないので聞く気にならないのです。

それどころか、鬱陶しいと思われます。

お客さんからしても、断るということは、気分の良いものではないのです。

ですから、再訪しても断られ、次に繋がらなくなるんですね。

このパターンになってしまう営業さんの意識は、「話を聞いて下さい」「話を聞いてもらおう」という意識になっているのです。

この様な考えになってしまうと、どうしても言動が売り込み臭くなってしまうのです。

この売り込み臭さは、営業側の想像以上に、お客さんは敏感に察知しますから注意が必要です。

お客さんは「話を聞いて下さい!」では聞いてくれません。

では、どの様なことを意識して活動するか。

「お客さんに、話を聞きたいと思っていただく」

これを意識して下さい。

あなたが「話を聞いて下さい」というのではなく、お客さんの方から「話を聞かせて」と言っていただくことを意識して活動しましょう。

実際にどの様な活動をするか。

「情報提供」という形で、お客さんを育ててください。

お客さんの関心を引く情報や、必要性を上げる情報を提供する。

さらに、あなたが出来ること、お客さんにとってのメリットをお伝えします。

それだけです。

売り込んでも、お客さんは引くだけです。

そうではなく、情報提供し、お客さんを育てつつ、あなたがサッと退いてくるイメージです。

お客さんが必要性を感じ、あなたのことをしっかり覚えていれば、お客さんの方から声をかけて下さるようになります。

売れる営業さんは、この活動がしっかり出来ているのです。

この様な活動を継続して来なっているので、見込み客が自然に増えて行くんですね。

遠回りの様に感じるかも知れませんが、結果的には最善となります。

ご自身の活動を振り返り、売り込み臭さが出ていないかを、考えて見てください。

ポイントは、全てお客さんの立場で考えることです。

こちらの記事も非常に大切なことですから、併せてご覧になって見てください。